2014年11月20日

味の名門・七本松店@京都市下京区朱雀宝蔵町(2)

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

味の名門の七本松のお店です。

おそらく数年前から名門の本店ではありませんが、総本家を名乗られていて、営業時間も24時間営業だったのを変えられたりHPが出来たり、一時期、大宮に支店を出されたりと、経営者が変わられたりしたのでしょうね。

お店は、以前と同じく京都中央卸市場近く、七本松通り沿いにあります。駐車場は、近くのパーキングに停めると、サービスチケットをもらえるようになっています。

店内も、以前と変わっておらず、細長い店内。テーブル席、座敷、カウンター席が存在します。記憶が正しければ、職人さんも変わっていないと思います。接客はラーメン屋さんらしい庶民的なものです。

ラーメンメニューは、特製こってり、塩こってり、あっさり醤油の3本立てとなっており、すべて580円。チャーシューメンにすると+180円、大盛、特盛は、+100円となっています。一品ものが充実しているほか、セットメニューも充実しています。

この日は、特製こってりのチャーシューメンを注文。

まず、取り放題のカクテキが提供されます。以前は、ネギもザルで提供されて、取り放題だったのですが、今はされてないようです。

続いてラーメンの登場。多めのネギが盛られたラーメン、スープは、鶏ガラベースのもので、黄濁しています。他にたっぷりのチャーシュー、メンマがトッピングされています。

スープは、鶏ガラこってり系なのですが、予想していたものと異なり、かなりさらりとした粘度低めのもの。名門というと、粘度があるけど、天一ほどではない、ややこってりとしたスープが特徴ですが、この日は異なりました。しかしながら、鶏の旨みがしっかり出ていてまろやかな味は、バランスが素晴らしく美味しいですね。鶏と豚骨で異なりますが、高安さんのスープを思い出すものでした。

麺は、中金製麺さんの低加水ストレート麺を使用されています。しっとりとした食感は、京都では馴染みのもので、食べやすいものでした。

チャーシューは、薄切りの赤身肉のものがかなりの分量が入っています。予想以上に多く入っていて食べ応えがありました。味付けは濃すぎず、スープと相性の良いものだったと思います。

久しぶりに入った、この店ですが、予想と異なりだいぶさらりとしたスープに変化していました。ただ味付け自体は、鶏の旨みの出たスープで美味しくいただけたと思います。また気が向いたときに入りたいと思います。

↓特製こってり・チャーシューメン
141120-1.JPG

↓チャーシュー
141120-2.JPG

↓麺とスープ
141120-3.JPG

↓カクテキ
141120-4.JPG

↓お店の外観です。
141120-5.JPG
posted by たぬき at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック