2014年11月29日

天下一品 六地蔵店@治市六地蔵奈良町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の六地蔵店です。お店は、京都外環状線の六地蔵のところにあります。赤く大きく描かれた「うまい!これぞ天下一品」がよく目立つ外観。駐車場も完備されています。

店内は、カウンター席とテーブル席が並び、ラーメンレストラン風で結構な人数が入れます。明るい雰囲気で、家族連れにも使いやすそうです。接客はラーメン屋さんとして普通な感じでした。

メニューを見て、気づいたのですが、宇治の小倉のお店と同じ系列のようです。ラーメン(並)700円で、サイズやトッピングで値段が変わります。この系列の店舗で特色があるのは、定食メニューが豊富なこと。いろいろな単品とラーメンを組み合わせたものが多くあります。

この日は、こってりのチャーシューメン(並)910円を注文。ニンニクの有無は聞かれませんでした。

系列店の宇治小倉店はチャーシューの迫力がすごかったなぁと思い出しながら待っていましたが、チャーシューは、それほど大きくなく、その点は残念。ただ、そこそこ一面にチャーシューが入っており、細めのメンマ、ネギがトッピングされています。

スープをいただくと、少しザラツキを感じる、天下一品スタンダードという感じの、鶏・野菜をとことん煮込んだ、こってりスープ。慣れ親しんだ味で、こうじゃないとね!と思える、濃厚さを楽しむことができます。

麺は、中細ストレート麺で、硬めの茹で具合。粘度の高いスープなので、絡みは素晴らしいものがあります。

チャーシューは、宇治小倉店と比べると迫力こそないのですが、薄切りで柔らかみのある赤身肉を使われています。スープとの相性も良い感じで、スープと合わせて食べるのに、ちょうど良いものでした。

天下一品は、スープの味が、お店によって不思議と濃かったり薄かったり、何か味が加わっているように思ったりするのですが、ここは、こってり・ザ・スタンダードという味わい。この味を望んでいるときには、しっかりとはまる一杯だったと思います。

↓こってり・チャーシューメン(並)
141129-1.JPG

↓チャーシュー
141129-2.JPG

↓麺とスープ
141129-3.JPG

↓お店の外観です。
141129-4.JPG
posted by たぬき at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック