2015年01月09日

珍遊・三条店@京都市中京区富小路通三条下る朝倉町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

珍遊の三条店です。お店は富小路通三条を南下したところにあります。民家を改築したような外観。街中のため駐車場は存在しません。

店内は、カウンター席と個人用のテーブル席、数人掛けのテーブル席などが並びます。こじんまりとしていて、それほど人数が入れるようには見えませんでした。職人さんが数人おられ、接客は女性店員さんが担当されています。素朴な感じの接客でした。

ラーメンメニューは、背脂醤油の醤油700円を中心に、塩、三条(豆乳を使用し、湯葉をトッピングした京風中華)などがあります。他に担々麺、期間限定の味噌ラーメンが2種類(京都(白)、札幌(赤))が存在します。それぞれ、サイズ変更は無料で対応してくださり、トッピングで値段が変わるようになっています。

単品メニューも充実しているほか、ラーメンと単品を組み合わせたセットも存在しました。

この日は、醤油(並)700円のチャーシュートッピング200円を注文。

それほど時間がかからず、拉麺が提供されます。想像と異なり、背脂は少な目で、一味などが浮いていない醤油スープ。そこにチャーシュー、ネギ、ノリ、メンマがトッピングされています。

スープは、鶏ガラベースの醤油味ですが、飲むと独特の甘辛い味が後を引きます。珍遊さんは、味噌を隠し味に使っておられるとのことですが、この店舗は、かなりそれが強めなのかなと思いました。そのためか一般的な背脂醤油スープより、個性的な味に仕上がっているように思います。

麺は、三条店では自家製麺を使用されているとのこと。細めの加水率低めのストレート麺ですが、かなり表面のツルっとした食感、それと硬めな茹で具合に感じるほど、コシが強いのが特徴です。個人的には、やはりもっと柔らかめの方がスープと合いそうに思えて、麺が浮いているようにも感じました。

チャーシューは、大判の薄切りのものが多く入っています。濃いめに味付されていて、食感もやわらかく存在感があります。またメンマも甘みがあって、特徴的な味付けのように思いました。

こちらの店舗は、スープの味や麺も、若干個性を感じる背脂醤油系という印象でした。他の珍遊の味や、京都の一般的な背脂醤油の味とは、わずかに異なる味わいで試してみる価値があると思います。

↓醤油(並)チャーシュートッピング
150109-1.JPG

↓チャーシュー
150109-2.JPG

↓麺とスープ
150109-3.JPG

↓お店の外観です。
150109-4.JPG
posted by たぬき at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック