2015年05月25日

とれたてダイニング柳生@京都府木津川市州見台

木津川市の州見台にあります創作和食のお店「とれたてダイニング 柳生」さんです。この日は休日のランチタイムに訪れました。

お店は、木津ICから真っ直ぐ、ロート製薬の研究所の向かいにあります。木目調の外観で落ち着いた雰囲気。駐車場はお店の隣に置けるようになっていました。

店内は、和風の非常に落ち着いた雰囲気。座敷、テーブル席がゆったりと並び、カウンター席も用意されていました。お店は大将と女性店員さんで切り盛りされていて、落ち着いていますが庶民的でもあり、とても入りやすく居心地の良い空間でした。

ランチメニューは二種類のみ。かご盛りわっぱ膳1200円、おけ盛りわっぱ膳1800円の二種類です。それぞれ日替わりの小皿料理やメイン料理で構成されているので、ちょくちょく通っても料理を楽しめそうです。食後に珈琲or紅茶も選べるようになっています。

この日は、おけ盛りわっぱ膳1800円を注文。

意外と早くに提供されたおけ盛りの和膳は、予想以上に豪華。14種の小料理とお造り3種、日替わりのメインは、この日はガーリックコロッケ。他にわっぱ飯と赤だし、漬物が付いてきます。

わっぱ飯は、あまり聞きなれないのですが、かやくご飯のようなものなのでしょうか。とても上品な薄口のダシで炊きあげられており、タケノコなどの具もしんなりと柔らか。とても食べやすいものです。

料理も全般的に薄口で食べやすいもの。チーズをイカで巻いたものなどちょっとした工夫があったり、川魚の南蛮漬け、もずくとろろ、魚の煮つけ、山菜料理、練り物など、バラエティに富んでいて飽きが来ないです。カンパチ、まぐろとヒラメかな?の刺身も新鮮なものでプリプリ食感が良かったです。牛すじコンニャクなども、お酒に合いそうなものですが濃すぎず自然な優しい味わいです。

ガーリックコロッケもガーリックの味がきつすぎず、ほんのりと効いている程度で、ご飯とよく合い、食べやすいものでした。

こちらのお店は内装の解放感もありますし、他の席と離れるような造りになっていて、個々のお客さんでゆったりできそうです。夜にも使ってみたいのですが、少々自宅からはアクセスが・・ 一度、バスでも乗り継いで夜の料理も食べてみたいなと思います。

↓おけ盛りわっぱ膳
150525-1.JPG
posted by たぬき at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック