2015年06月06日

ハンバーグダイニング たくみ@京都府京田辺市三山木野神

京田辺市の同志社大近くにあるお店「ハンバーグダイニングたくみ」さんです。京都市内にあるハンバーグのお店「とくら」さんの姉妹店でもあります。この日はランチタイムに訪れました。

お店の外観は、洋風の一軒家レストランという感じです。黄緑色の明るい色合いで目立ちます。駐車場はお店の前や近隣にいくつか用意されています。

店内は外観と比較しても意外と広々としています。天井が高く解放感のあるスペース。家族連れなどに対応できるテーブル席があったり、キッズスペースがあったり。他にも一人でもゆったりできそうな一人用の席、カップル用のカウンター席なども用意されています。店員さんの接客も丁寧なものです。

ランチタイムメニューは、ライス・スープ・サラダ付きでハンバーグの量とトッピングなどを選ぶようになっています。一番シンプルな、たくみハンバーグ150gだと800円、200gで900円、250gで1000円となっています。チーズトッピング、目玉焼きトッピングのほか、和風おろし、サルサのハンバーグにしたり、コロッケや海老フライ付きが選べます。

この日は、ハンバーグ(150g)とエビフライ1150円を注文。

シンプルな白のプレートにライス、スープ、ハンバーグ&エビフライが提供されます。エビフライにはレモンも添えられていました。

このお店は箸で食べるスタイルなのですが、特筆するべきなのは、ハンバーグに封じ込められた肉汁が箸を入れた瞬間にジュワーと溢れる感覚。ハンバーグもミンチとタマネギの味、ソースの味もバランスが良く、脂もくどくなく、とても美味しい一品だと思います。

エビフライは、値段の割に、ものすごく感動するかというと、大きさも並で普通なようにも思いますが、サクッとした揚げ具合で、自家製の玉子をふんだんに使っておられるタルタルソースの味が良いので、そこそこ美味しくいただくことができます。

スープは、玉子とタマネギ、エノキなどを使われたものですが、若干スパイスが入っていて、後味がピリっと引き締まるようなものでした。これも悪くなかったと思います。

こちらのお店は、雰囲気も良く、空間も広く、ゆったりと長居できそうな雰囲気があります。ハンバーグもとても質が高くて、気が向いたときに使ってみたいお店の一つです。

↓ハンバーグ(150g)とエビフライ
150606-1.JPG
posted by たぬき at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック