2015年08月06日

ちきんはうす@京都府京田辺市普賢寺中島

京田辺の三山木付近、国宝観音様がおられる観音寺(普賢寺)の近くにある鶏料理のお店「ちきんはうす」さんです。以前から訪れたいと思いつつ未訪だったので昼食時に入りました。

お店の外観は、木造の古い民家風。鶏のオブジェが独特です。駐車場はお店の隣に完備されています。

店内は、お客さんで、ほぼ満席状態。人気店なんですね。厨房を囲んでカウンター席があり、テーブル席もありますが、お店の奥や二階に個室やら宴会スペース、座敷なども用意されているそうです。元気な女将さんが切り盛りされ、息子さんなのかな?と思える店長さんが調理されていました。元気な女将さんで、いろいろと説明してくださります。

ランチタイムのメニューは、800円〜1000円くらいの地鶏やコーチンなどを用いた鶏の定食、カレー、丼ぶりなどが並びます。日替わり定食もあるようでした。

この日は、京赤地鶏を用いているという、地鶏もも焼き定食1000円を注文。注文した後、厨房を見ていると、メガサイズの大きい鶏肉を主人が網焼きで焼いておられます。おいしそうだな・・鶏ステーキの定食があったので、それだったのかな?とか後悔しつつ眺めます(笑)

それと定食には、生玉子かゆで卵が付いてくるとのことで、ゆで卵を選択。

ゆで卵をいただくと、これがウンマー!醤油ダレのようなもので濃厚に味が染みわたっていて、濃厚な旨み。女将さんが作り方を説明してくれましたが、早口すぎて聞き取れませんでした。

しばらく待つと定食の登場。サラダとモモ肉。ご飯と、それと味噌汁?と思ったらオニオンスープでした。

モモ肉もオニオンソースで味付けられています。大きさは、そこそこなのですが厚みがすごい。ミディアムくらいで焼かれていて、外はカリッとしているのですが、中は柔らかく、厚みのある肉からは、じわ〜と、脂分がにじみ出てきます。これは食が進みます。オニオンスープも予想外でしたが、意外と美味しくいただくことが出来ました。

にぎやかな雰囲気で、とても美味しい鶏料理のお店です。繁盛している理由がよく分かります。夜にも一度来てみたいなぁ。しかし、とても人気店のようで13時くらいには、焼用の鶏は売り切れになり、遅く来られたお客さんにはカツなどしか残ってなかったような。早めの入店が良いお店かもしれませんね。

↓地鶏もも焼き定食
150806-1.JPG

↓ゆで卵
150806-2.JPG

↓お店の外観です。
150806-3.JPG
posted by たぬき at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック