2016年04月16日

めしや宮本むなし・御池@京都市中京区御池通西洞院西入石橋町

宮本むなしの御池通沿いにあるお店です。この日は平日のお昼時に訪れました。

お店は、堀川御池を少し東に向かったところにあります。街中のため駐車場はありません。お店の外観は、昔ながらの食堂風に、「めしや宮本むなし」の見慣れた看板がかかっています。

店内は、普通の食堂風で、テーブル席とカウンター席があります。こじゃれた感じの大戸屋や、きれいにまとまっている やよい軒などと比較して、個人的には、オーソドックスな食堂タイプで雰囲気は好きかもと思ってしまいます。接客は女性店員さんが1人でされておられ、庶民的な感じでした。

メニューは、定食、カレー、丼ぶり、うどんなどが中心で500〜800円くらいのものが多かったです。ごはんはおかわり自由となっています。

この日は、しまほっけと玉子焼きの定食860円を注文。

しばらくすると登場する定食。しまほっけ、ごはん、味噌汁、冷ややっこ、小鉢、玉子焼き、漬物となっています。

こちらのしまほっけは、それほど大きいサイズではありませんが、骨を取って食べると、そこそこしっかりとした脂の乗り。身も柔らかいし、醤油やおろし、レモンと合わせていただくと、どんどんご飯が進みます。

玉子焼きは逆に普通かな。食堂の味という感じです。冷ややっこも小さく、小鉢はネギとささみ肉の和え物みたいなのでしたが、添えてある程度の感じでした。おかわりするのには、おかずが少なすぎるかもな・・とは思いました。

ただ、こちらの定食屋さんの、しまほっけは脂の乗りが良く、なかなかのものでした。宮本むなしに入ったら、また食べてみたい一品だと思います。

↓しまほっけと玉子焼きの定食
160416-1.JPG

↓お店の外観です。
160416-2.JPG
posted by たぬき at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック