2016年05月07日

らーめん つけめん鬼平・西大寺店@奈良市秋篠早月町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

大和西大寺駅近くにある比較的新しいラーメン店「らーめん・つけ麺 鬼平」さんです。こちらのお店は、ネットで調べると大阪に本店があるようです。この日は土曜日の昼時に訪れました。

お店は、西大寺から平城、押熊方面に向かう道の途中にあります。道路に面して駐車場がありますが、店舗は駐車場の横に隣接されている秋篠サンパレスという集合住宅の中にあります。若干、戸惑うかもしれませんが、看板がありますので、スムーズに訪問できると思います。

店内は、カウンター席とテーブル席が並びます。お店は、男性店員さん2人と、女性店員さん1人で切り盛りされています。接客は丁寧で元気なのですが、土曜の昼時にもかかわらず、客は私1人で、逆に居づらいような雰囲気も感じました。

こちらのお店、食券機で購入するようになっています。メニューは、白鬼麺(鶏豚骨白湯)、黒鬼麺(黒マー油入)、赤鬼麺(辛口)のほか、魚介豚骨らーめん、豚骨みそラーメン、あぶりトロ肉チャーシュー麺、つけ麺などが存在しました。それぞれトッピングやサイズなどで値段が変わるようになっています。

またご飯ものや単品、セットメニューなども存在しました。

この日は、一押しと書いておられた、豊潤鶏とんこつ 白鬼麺820円のチャーシュー麺+200円を注文。説明書きには豊潤な豚骨スープと熟成地醤油タレと書かれていました。

登場したラーメンは、チャーシューが多めに乗る一杯。煮玉子、ネギ、水菜、ゴマ、メンマ、モヤシ、海苔がチャーシューの下にトッピングされています。スープの色は茶色で表面に脂分が浮いています。

スープをいただくと、鶏とんこつというより、魚介も効いていて、さらに醤油ダレの方が強いかな?鶏豚骨を想像されると、ちょっと期待と異なるような、魚介や昆布が効いた和出汁の醤油ラーメンと言う印象です。動物系のコクも感じますが、控えめな印象です。

麺は、自家製麺とのことです。細麺ですが、柔めでぐぃーんと箸で伸ばせるような麺です。個人的には、なんか安っぽいな・・と思いました。

チャーシューは、薄切りのバラ肉が多めに入っています。そこそこ多めでボリューム感もあり、良かったと思います。

こちらのお店、本店の点数が良かったので、期待はしていたのですが、こだわりと味の満足度も個人的には少し異なるかな・・?と思ったお店でした。ただ、いろいろなメニューがありますので、つけ麺とかは、とても美味しいのかもと思います。また機会があれば他の味を試してみたいなと思います。

↓白鬼麺チャーシュー麺
160507-1.JPG

↓チャーシュー
160507-2.JPG

↓麺とスープ
160507-3.JPG
posted by たぬき at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック