2016年09月13日

龍宝@京都市山科区川田御輿塚町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

山科にある中華料理店「龍宝」さんです。この日は土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、国道一号線から少し南下した清水焼団地近くにあります。立地は少し細い道でカーブのところでもあり、車で訪れる方は、気を付けて駐車される必要があるかもしれません。お店の外観は、赤テント看板と、赤い暖簾が目立つ昭和の大衆中華という雰囲気です。お店の前に1〜2台だけ停められそうな駐車スペースがありました。

店内は、こじんまりとしていて、カウンター席と座敷が存在します。老齢の夫婦が切り盛りされていて、接客も庶民的で居心地が良いものでした。

メニューは、中華料理が単品で500〜1000円くらい。セットメニューも1000円未満で食べることが出来て、良心的な価格だったと思います。日替りのセットは600円台でかなり格安で、注文されている方が多かったように思います。

この日は、セットメニューの中から、ラーメンセット830円を注文。ラーメン、焼飯(ミニ)、漬物という内容でした。

しばらくすると登場するラーメンセット。昔ながらの見た目の醤油ラーメン、ミニチャーハン、漬物という内容です。

醤油ラーメンは、澄んだ色合いのスープ。そこにもやし、ねぎ、チャーシュー2枚がトッピングされています。

スープをいただくと、やさしく最初は甘みも感じるような醤油味。甘みは、そのうちなくなり、ちょうど良い塩梅の塩加減が効いてきます。インパクトや強いコクのある味と言うわけではないのですが、毎日いただけるような、優しい味わいだと思います。

麺は多加水の柔らかめの中細ストレート麺を使用されています。昔ながらのスープとの相性も良いものです。チャーシューは、しっかりと醤油ダレで味付けされていて、さすが中華店という出来栄えです。このチャーシューをもっと味わいたかった気もして、チャーシューメンにすれば良かったかな?と思いました。

チャーハンは、そこそこのパラパラ具合。玉子がふんだんに使われていて、ニンジン、タマネギなどの野菜類もそこそこ含まれています。味付けは濃すぎず、あっさり目で食べやすいように思いました。

気まぐれに入ったこちらのお店ですが、優しめの味付けと、その昭和の大衆中華を思わせる雰囲気は、何度でも通いたくなるものでした。毎日でも飽きないような、その味わいは、地元の皆様に長く愛されるお店の証拠のように思います。

↓ラーメンセット
160913-1.JPG

↓麺とスープ
160913-2.JPG

↓お店の外観です。
160913-3.JPG
posted by たぬき at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック