2017年07月15日

麺毅家・河原町店@京都市中京区裏寺町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

四条河原町から歩いて数分のところにあるラーメン店「麺毅家」さんです。こちらは四条大宮に本店があるそうで、二号店になるようです。ちょうどお店の真向かいに人気ラーメン店の「一蘭」さんが営業されています。

お店の外観はガラス張りでとてもきれいな印象です。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内は、入ってすぐの1Fはカウンター席のみのこじんまりとしたスペース。私は1Fしか行ってませんが、3Fまで使用されているようですので、上の階はテーブル席などがあるのだと思います。接客は庶民的な雰囲気でした。

メニューは、豚骨醤油ラーメン(背脂醤油系)、カラ麺(ピリ辛系)、カレーラーメンの3つがメイン。それぞれサイズやトッピングで値段が変わるようになっています。また単品やご飯類、ラーメンと単品を組み合わせたセットメニューも存在しました。

この日は、豚骨醤油チャーシューメン800円を注文。注文時に、麺の硬さやスープの濃さ、背脂の量など好みを聞かれますので、すべて普通で。またニンニクの有無を聞かれましたので有りでお願いしました。

登場したラーメン。京都の背脂醤油系らしいオーソドックスな見た目です。スープはやや濁っていて、そこにきめ細やかな背脂と、わずかな一味が浮いています。トッピングは、チャーシュー、ネギ、メンマとシンプルなものです。

スープをいただくと、豚骨、鶏ガラの旨みが効いていて、コクがしっかりと出ています。しかしながらあっさり感もあり、とても飲みやすい印象。後味も引き締まっているので癖がなく万人受けする味だと思います。

麺は、細めの低加水ストレート麺を使用されています。硬めの茹で具合で、しっかりとした食感を楽しむことができます。

チャーシューは、薄めの味付けの赤身、脂身のバランスの良いものがたっぷりと入っています。量も想像以上にたっぷり入っており、満足度は高いです。味も豚本来の風味や食感を楽しめて良いものだと思います。

こちらのお店は初めて入りましたが、オーソドックスかつ、とても食べやすいすっきり感のあるスープで、万人受けする背脂醤油系ラーメンという印象です。いろいろな方に受け入れられるお店として、末永く続いてほしいなと思います。

↓豚骨醤油チャーシューメン
170715-1.JPG

↓チャーシュー
170715-2.JPG

↓麺とスープ
170715-3.JPG

↓お店の外観です。
170715-4.JPG
posted by たぬき at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック