2017年07月19日

キョウハ・エビ@大阪市北区曽根崎新地

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

北新地にあるラーメン店「キョウハ・エビ」さんです。この日は、梅田での仕事後の夕食時に訪れました。

お店は、北新地の中にあり、周りは華やかな印象。ビルの入り口にラーメンの看板があり、ビルの階段を少し上った中2階のような位置にお店があります。

店内は、とてもこぎれいで清潔感があります。お店入ってすぐのところに食券機があります。お店の方は男女2人で切り盛りされていて、丁寧な接客でした。

メニューは、エビラーメンがメインで、塩、醤油、赤、黒、咖喱の5種類。それぞれ塩、醤油は850円、赤、黒は950円、咖喱は980円で、特製(半熟煮卵、鶏チャーシュー2倍入り)は+200円となっています。そのほか、お店の場所柄か、ちょっとした居酒屋メニューのような単品がいくつか存在しました。

この日は、特製・塩エビラーメン1050円と、生ビールを注文。生ビールはハートランドでした。

登場したラーメンは、表面が赤い色合いに染まった塩スープです。豪華なトッピングは、鳥肉、半熟煮卵、海苔、白髪ネギ、キクラゲ、糸唐辛子、水菜、ワンタンとなっています。

スープをいただくと、エビの強めの風味がしっかりと効いています。ただ、ベースが塩なので、こってりしすぎず、後味もすっきり。ほんのりと柑橘も効いていて爽やかです。飲み始めのエビのパンチはあるのに、すっきりと飲みやすい上品なスープだと思います。

麺は、中太くらいの平打ち麺をしようされています。とても心地よい食感です。白髪ネギ、キクラゲなどと合わせると食感の変化も楽しむことができます。またワンタンが逆に柔らかめでスープの旨みを吸って、美味しくいただくことが出来ました。

鶏肉は、とてもあっさりとしたものですが、胡椒で味付けられているので、存在感はあります。スープとのなじみも良く、食べやすい鶏肉だと思います。煮玉子も半熟の黄身がトロける食感で、口の中で長く味を楽しめるものでした。

こちらのお店、適当に入ったお店でしたが、お店の雰囲気と同じく上品な味わいのエビラーメンという印象でした。すっきり感もあるので、場所柄、飲み帰りの一杯にも良いラーメンだと思います。

↓特製・塩エビラーメン
170719-1.JPG

↓鶏肉
170719-2.JPG

↓麺・ワンタンとスープ
170719-3.JPG

↓ハートランド
170719-4.JPG
posted by たぬき at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@大阪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック