2017年08月24日

麺処 森元・松井山手店@京都府八幡市美濃山出口

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

松井山手のラーメン店「麺処 森元」さんです。もともと「元々」「元元」という名前で営業しておられ、同じ会社がされているようです。この日は祝日のお昼時を過ぎた時間帯に訪れました。

お店の外観は、落ち着いた雰囲気の外観ですが、大きめの樽のモチーフが目立ちますので分かりやすいです。駐車場は完備されています。

店内は、カウンター席、テーブル席、座敷があります。そこそこの人数が入れそうですが、昼食時などは、よく並んでおられるのを見ますので、人気店だと思います。

ラーメンメニューは、醤油、塩、味噌、カレーの4つのスープ構成。醤油は松野醤油さんのものを使用されていることが、こだわりのようです。

塩ラーメンは、元元さんの時のものと変わらず蛤入りとかが選べるようになっています。それぞれトッピング等で値段が変わります。単品も豊富に存在し、単品とラーメンを組み合わせたセットメニューも充実しています。またネギや高菜、酢などトッピングが入れ放題となっていました。

この日は、醤油味玉炙りチャーシュー980円を注文。

登場したラーメンは、澄んだ濃いめの色合いの醤油スープに、背脂が浮いています。メニュー表で見る印象よりも平面的ですが、大判のロールチャーシュー3枚は迫力があります。そこに味玉、糸唐辛子、ネギ、メンマがトッピングされています。

スープ表面は脂分が多めに浮いています。スープをいただくと、醤油のコクが、とてもしっかり。そのコクと脂分が混じり、深みある味を楽しめます。背脂のほんのりとした甘みも交じり、バランスはとても良いと思います。

麺は加水率高めの中細ストレート麺を使用されています。食感がとても良く、ツルツルとした表面は食べやすいものです。

チャーシューは、炙りと名乗っている割は、炙りが足りないかなとは思いますが、大判で脂身も多めで柔らかく、そこそこ楽しめる味わいです。量も多めで食べ応えは有りました。

お店のテーブルには食べ方として、最初はそのまま、途中で酢を入れて、最後に辛子高菜を入れて味の変化を楽しむとあります。試してみると、酢を入れるとまろやかな風味に、ただ辛子高菜は、醤油スープと合わない感じもしました。好みに応じてというところでしょうね。

全体的には、スープはしっかりバランスも良いですし、チャーシューや、麺も悪くなく、なかなか良いなという印象です。とても美味しいラーメンだと思いますし、家族連れに入りやすい雰囲気ですので、人気の続くお店かなと思います。

↓醤油味玉炙りチャーシュー
170824-1.JPG

↓チャーシュー
170824-2.JPG

↓麺とスープ
170824-3.JPG

↓お店の外観です。
170824-4.JPG
posted by たぬき at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック