2017年11月28日

ラーメン大中・BAL横店@京都市中京区河原町通り蛸薬師一筋上ル東入北車屋町

おすすめ度:★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

ラーメン大中のBAL横店です。この日は、土曜日のお昼時に訪れました。

お店は、店名通り京都BALの横に存在します。赤や白の提灯や、桃山御陵前の本店でおなじみの青い暖簾が目立つので分かりやすいと思います。街中のため店舗駐車場は存在しません。

店内に入ると、細長い作りで、手前にカウンター席が並びます。奥に少しテーブル席があるようでした。お店は店長さんと女性スタッフさんで切り盛りされていて、接客はとても丁寧なものでした。

メニューは、大中ラーメン、特濃ラーメンの二つのスープがメインでロース肉、バラ肉、バラロースミックスで選択できます。その他にトッピングや大盛りなどで値段が変わるようになっています。また単品メニューもいくつか存在します。

大中さん、10年以上前に近鉄で通勤していたので、たまに使っていたのですが、当時とメニューが変わっているんですね。特濃なんてなかったなぁ・・と、思わず特濃バラロース肉ラーメン760円+肉増し250円を注文。

最初にお茶が登場。プーアル茶ですね。あっさりしていて良い感じがします。

そしてラーメンの登場。見るからにドロドロ系のスープ、そこにバラとロース肉のチャーシューがたっぷり。メンマ、ネギ、もやしがトッピングされています。また辛味を効かせた特製マー油を好みでと渡されます。

スープをいただくと、なんだこれは?と思うほどのドロドロ系。大中さんの基本の豚骨ではなく、鶏なのかな?スープと言うより完全なポタージュ、しかも汁っ気なしという感じのドロドロ感があります。しかも脂っぽさはなく、意外と飲みやすい。そんなドロドロスープです。

途中で、特製マー油を投入すると、その香りの良さが旨みを増してくれます。

麺は、中細の低加水ストレート麺を使用されています。とても馴染みのあるしっとり食感。京都らしい麺だと思います。

チャーシューは二種類。ロースはしっかりと醤油ダレが入っていて豚本来の味をしっかり楽しめます。バラ肉の方は脂身がそこそこ、ジューシーです。どちらも薄切りで柔らかく麺と絡めるのにも良い感じです。

大中さんの特濃ラーメンは、本当にドロドロ系のスープで、京都の天一にも勝るドロドロ系です。こってりが好みの方は一度試してみるのもありかなと思えるスープだと思います。

↓特濃バラロース肉ラーメン+肉増し
171128-1.JPG

↓チャーシュー
171128-2.JPG

↓麺とスープ
171128-3.JPG

↓お店の外観です。
posted by たぬき at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック