2017年11月30日

本家第一旭・寺田店@京都府城陽市寺田垣内後

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

本家 第一旭の寺田店です。この日は日曜日の開店直後に訪れました。こちらのお店は10時半に開店されます。

お店は、69号線を城陽市役所から少し北上したところに有ります。黄色い第一旭のテント看板がよく目立ちます。お店の前に数台置ける駐車場と、裏にあるパチンコ屋さんにも駐車可能です。

店内は、カウンター席、テーブル席が並ぶ昔ながらのラーメン店という雰囲気。昔から変わらない職人さんが調理され、女性スタッフが接客されます。対応も庶民的で非常に居心地の良い空間です。

ラーメンメニューは、基本の特製ラーメン、厚切りバラ肉入りのデラックス、甘辛く味付けした厚切りバラ肉入りのターローラーメン、味噌ラーメン、キムチラーメンとなっています。その他、単品メニューもいくつか存在し、それらとラーメンを組み合わせたセットメニューも存在します。

この日は、特製ラーメン(並)680円と、単品の焼肉ターロー420円を注文。

早くに焼肉が出されます。こちらは醤油ダレで味付けされたバラ肉とメンマ、もやし、ネギがこんもりと盛られています。ラーメンに入るターローと比べると薄切りですが、ジューシーで濃厚な味わいのバラ肉は、お酒のあてにとても良いものだと思います。

そして特製ラーメンの登場。やや濁った色合いの醤油スープの表面には薄く脂が浮いています。豚肉、ネギ、メンマのシンプルなトッピングです。

スープをいただくと、濃厚で強めの醤油スープに豚のコクがズドーンとした迫力をもってベースを支えています。脂分も多めで、他の第一旭と比べると野性味の強い迫力系スープだと思います。

麺は、低加水ストレート麺を使用されています。しっとりとした食感で、親しみやすい麺。スープの旨みを口に運んでくれます。

チャーシューは、脂身が少な目のものが多めに入っています。普段は肉多めばかり注文しているので、それと比較するとさすがに少ないのですが、一般的なチャーシューメンくらいの分量がたっぷりと入っています。味付けは控えめですが、量も多く、迫力系スープの中で満足できる量をいただくことができます。

第一旭の寺田店は、第一旭の中でも迫力を前面に出したスープで、個人的には満足度が高いお店です。これからも末永く、この味を続けてほしいなと思います。

↓特製ラーメン(並)
171130-1.JPG

↓チャーシュー
171130-2.JPG

↓麺とスープ
171130-3.JPG

↓焼肉
171130-4.JPG
posted by たぬき at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック