2018年11月24日

絶景レストラン うずの丘@兵庫県南あわじ市福良丙

「うずの丘 大鳴門橋記念館」の中に、いくつか食べることができるところがあるのですが、2Fでレストランとして営業されている「絶景レストラン うずの丘」さんです。この日は平日のお昼時、11時30分ごろに訪れました。

大鳴門橋記念館は、それほど広くはありませんので、入ったらすぐに2Fに上がる階段が分かります。上がって、すぐにレストランがあるので分かりやすいと思います。駐車場は完備されています。

こちらのお店、人気店と聞いていましたが平日11時30分ごろですと、満席ではないものの配膳の関係なのか待ち客を全員通しておられず、10分ほど、外で待つことになりました。また私たちが食べ終わった12時45分ごろも待ち客はおられなかったのですが、名物のうには売り切れになっていました。うに目当ての方は、平日でも早めの訪問が良いと思います。

店内は、絶景レストランと言われているだけあり、鳴門海峡を見渡せる開放感のある明るい店内です。一部の座席は、タマネギを形どっておられたりするのも個性的です。お店の方の接客も、このような観光スポットにあるお店としては丁寧なものでした。

メニューは、淡路の名産を活かしたものが多く、その中でもウニを売りとされているようです。海鮮うにしゃぶ、生うにめし、などが名物のようですが、他にも淡路産さわら、生しらすや、淡路牛を使ったメニューなど豊富に存在します。

この日は、ウニも気になりつつ、見た目が楽しそうな「絶景おつくりステージ」2700円を注文しました。7段を登るように豪華になる、おつくりが目玉の定食メニューのようです。日や季節によって、おつくりは若干変更があるようですし、最上段が生うになのは決まっているのですが、生うにでない日は値段が下がるようです。

登場した料理。さすがに見た目のインパクトがありますね。この日の7段は、サザエ、生シラス、イトヨリ、太刀魚、サワラ、鯛、生うにのようです。そこにご飯と味噌汁などが付いてきます。

この最上段になるほど豪華に見える見せ方は楽しいものです。内容的にも豪華ですし、それぞれのネタも厚切りで、満足度が高いものだと思います。ただ、生うに、サザエ、生シラスなどは量も少なく、値段相応なのかは微妙なところなのかもしれません。

ただ、ご飯もとても美味しく炊きあがっています。このご飯、本当に美味しいなと思いました。おつくりも、それぞれ新鮮なものなので食は間違いなく進むものだとおもいます。

こちらのお店、そこそこ値段はするのですが、景色も素晴らしく座席もゆったりとしているので、観光ついでに立ち寄るには、とても良いところだと思います。この日は平日でしたので、生うになども食べられましたが、土日祝は厳しいかもしれません。生うにをぜひ食べたいという方は平日が良いと思います。

↓絶景おつくりステージ
181124-1.JPG

181124-2.JPG
posted by たぬき at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック