2019年03月10日

鳥取マラソン2019

2月の京都マラソン後、3週間しか空いていませんでしたが、記録を狙おうかなと登録していた鳥取マラソンに出場しました。

前日入りし、前日は軽く市内観光などをして早くに就寝。朝は5時前に起きて、用意します。鳥取駅近くに宿泊しましたので駅から会場の砂丘エリアまではチャーターバスが運行されていました。6時台ですと待ちも少なく、すぐに乗ることができました。

この日、困ったのは天気予報で、基本的に雨予報。会場に着いて雨は降っていなかったのですが、すぐに降りそうな気配。しかしながら気温は10〜15度くらいの予報で高めです。会場の周りのランナーや、雲の様子も見て、晴れ間は出そうにないな・・と長袖Tの上に半袖T重ねで出ることにしました。

スタート時には、この日一番のサプライズが。鳥取駅前にイベントで来られていた中村勘九郎がサプライズで登場。会場、どよめいていましたよ。私も「いだてん」見てるので思わず近づきました。

そしてマラソンはスタート。鳥取マラソンは、最初に起伏があり、そのあと20〜25km、35〜37qくらいに大きな起伏があります。

最初の起伏を超えるまではさすがに出だし悪いな・・と思いましたが平坦な道に入ると気になりません。23分/5qくらいを考えて走るようにしました。最初の5qくらいまでは混雑もありましたが、そのうちまばらになってきます。

スタート30分後くらいから困ったのは、やはり雨。小雨がレース終了時までこまめに降っていて、シャツが雨を含んで重くなることに。まあ、きにせず長袖なので暖かくていいやと思いながら走りました。

走路も広く、途中、困難に思うことが少なかったと思います。20qくらいからの坂も緩やかでしたし、37qの坂も奈良を毎年走っているので、こんなものかな・・?と普通に通り過ぎることができました。ほぼ、42qペースが変わらず、最後まで行くことができました。

ラストは若干でもスピードアップしてゴールしようと。その結果、3時間10分台前半で無事走ることができました。

初めて鳥取マラソン走りましたが、起伏、そこそこありますが、それほど強くなく、観客も多く華やかな面もあったと思います。関西からもアクセスは良いので、いつかまた参加してみたいなと思える大会だったと思います。

↓完走タオル
190310-1.JPG

↓スタート会場の砂オブジェ。
190310-2.JPG

↓ゴール会場の雰囲気。
190310-3.JPG
posted by たぬき at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | マラソン大会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック