2019年05月02日

あいつのラーメン・かたぐるま@京都市下京区西七条西八反田町

おすすめ度:★★★★(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

丹波口の駅近くにあります人気のラーメン店「あいつのラーメンかたぐるま」さんです。城陽市の人気店「あっぱれ屋」さんのお弟子さんにあたるようです。この日は、日曜日。ここで食べるつもりはなかったのですが、10時頃に近くを歩いていたので、検索で10時半から営業されているとのことで開店の10分前くらいに訪れました。

開店前に並んでいたのは3人だったと思いますが、10時台ですと、そのあともお客さんが来られませんでしたので、早い時間帯だと並ばず食べられると思います。

お店は、五条御前の交差点を南に下ったところにあります。「ラーメン」と書かれた看板があるので分かりやすいと思います。駐車場も存在するようでした。

店内は、入ってすぐのところに食券機があり、そちらで最初に注文することになっています。店頭にメニュー表が掲げられていたので、そちらであらかじめメニューを見ておいたほうが良いかもしれません。

カウンター席がL字型に厨房をかこっているだけのシンプルな店内です。お店の方の接客は庶民的な雰囲気で親しみやすい感じがしました。

メニューは、基本の「こくとん塩ラーメン」、こってり系の「濁とん塩ラーメン」、20食限定の「うるとらつけ麺」が存在し、追加トッピングなどで値段が変わります。期間限定で「ピリ辛牛すじラーメン」というのもありました。またご飯類もいくつかあります。

この日は、基本のこくとんは、あっぱれ屋さんと同じ感じかな・・思い「濁とん塩チャーシューメン」1150円を注文。

しばらくすると登場したラーメンは、迫力のチャーシューが鉢いっぱいに載ったもの。スープは白濁しており、煮玉子、ネギ、太めのメンマがトッピングされています。

スープが出ている部分が少ないので、なかなか飲みにくいのですが、スープをいただくと、なるほど濃厚な動物系のコクが出た、こってり系スープ。しかしながらドロドロ系という訳ではなく、豚骨のこってり感をだしつつも、洋風のあっさりとした後味もありバランスが良いものです。

麺は、太めの平打ち面を使っておられます。コシがかなりしっかりとしていて表面がツルっと。これがパスタのようとも言われるもので、スープの味とも合わさり、洋風な印象を与えてくれます。スープとの絡みも良いので、悪くないと思います。

チャーシューは、レア気味、そして厚切りのものが本当にたっぷりと。あらかじめ胡椒で味付けされていて、単品でも酒のつまみとしていただけそうなものです。ラーメンとしては、スープとの馴染みもなく単品のように入っているので、バランスが悪いようにも思いますが、これはこれで満足度高くいただけるものです。またたっぷりの胡椒も丁度、洋風の味わいのスープと合わさり、スープの味を引き締めてくれるように思います。

初めていただきました、かたぐるまさんのラーメン。味もバランスが良く、さらにボリューム感も素晴らしかったので、近くにあれば再訪したいなと思えるお店でした。人気店でしたが開店時間の頃はお客さんも少なかったので狙い目のお店なのかなとも思いました。

↓濁とん塩チャーシューメン
190502-1.JPG

↓チャーシュー
190502-2.JPG

↓麺とスープ
190502-3.JPG

↓お店の外観です。
190502-4.JPG
posted by たぬき at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック