2020年05月17日

シャンティ・押熊店@奈良市中山町

シャンティの押熊店です。この日は土曜日のお昼時間を過ぎた時間帯に訪れました。時間帯が遅かったため店内にお客さんはおられませんでした。

お店は押熊の量販店や飲食店が並ぶ通り沿い、京都の精華町から奈良市方面へ南下するレーン沿いにあります。落ち着いたカフェのような外観で、駐車スペースも完備されています。

店内は天井の高い開放感のある造りとなっています。テーブル席がゆったりと並び落ち着いた雰囲気です。お店の方の接客もとても丁寧なものです。

ランチメニューは、シャンティランチ1680円(カリー2種類、タンドリーチキンまたは日替わり炭火焼き、ナン二種類、グリーンサラダ、ターメリックライス、ドリンク)、カリーズランチ1290円(シャンティランチからタンドリーチキンor炭火焼きを抜いたもの)を抜いたものとなっています。ドリンク、ナンは複数の種類から選べ、チーズナンは+100円となります。一時期されていたナン食べ放題は食材の高騰でやめられています。

この日は、カリーズランチを注文。カレーは、いろいろ野菜のカリー、揚げナスとポテトのココナッツカリーを選択、ナンは、ガーリックナン、チーズナン、ドリンクはマンゴーラッシーを選びました。また数人で訪れたのでプレーンナンなどをシェアしました。

しばらくするとナン、カリーの順番に料理が運ばれます。

カレーのうち揚げナスとポテトのココナッツカリーは、ココナッツの風味の効いたまろやかな味わいですが、意外とスパイスも効いています。ポテト、揚げナスが大きめのものが2つずつ入っていて食べ応えあります。

予想外だったのは野菜カリーで、かなりドロドロと煮込まれたような濃厚なもので南瓜、インゲン、ニンジンなどの野菜がごろごろと入っています。ドロッとしているのでナンを漬けるというより、スプーンでナンの上にのせて食べてないと難しい感じです。野菜も豊富で、重厚な味わいを楽しむことができました。

チーズナンは、この系統のお店でよくある生地の中に練りこんでいるものではなくナンの上にチーズがかけられています。ガーリックナンはガーリックの味がほのかに効いたものです。どちらも食感はふんわり、もっちりとしてもので食べやすい印象です。

こちらのお店は雰囲気も良く、落ち着いていますので、何度でも訪れてみたいなと思えるお店です。また機会を見て再訪したいと思います。

↓カリーズランチ(いろいろ野菜のカリー、揚げナスとポテトのココナッツカリー)
200517-1.JPG

↓チーズナン
200517-2.JPG

↓プレーンナン、ガーリックナン
200517-4.JPG

↓マンゴーラッシー
200517-3.JPG
posted by たぬき at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック