2008年10月16日

粉河寺@和歌山県紀ノ川市

和歌山県の粉河寺です。ここも西国三十三所のひとつ。紀三井寺と同時期に秘仏公開をされていたので、同じ日にお参りしてきました。

この日、秘仏本尊の千手観音様は、なんと217年ぶりの御開帳。そのためかお寺へ続く道は渋滞で驚きました。参拝者も多く、また多くの人が私と同じように「紀三井寺に行ったついでに・・」とか、「この後、紀三井寺へ・・」と話しておられました。

予想以上に大きな境内で、多くのお堂が並んでいます。ほとんどの建築物が江戸時代のものだったと思います。特に入り口の楼門は雄大かつ美しいものでした。本堂も、かなり大きく立派な建物でした。

本尊の千手観音様は、とても小さかったのですが、長らく秘仏として保存されてきたからでしょうか。とても美しい色が残っていました。もっとじっくり近くで見たかったのですが、少し離れた距離から出ないと見ることが出来ませんでした。

↓巨大で美しい楼門です。
081016-1.JPG

↓中門。こちらも立派な建物でした。
081016-2.JPG

↓本堂です。
081016-3.JPG

↓御朱印です。
081016-4.JPG
posted by たぬき at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@和歌山
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21265666

この記事へのトラックバック