2009年03月30日

石山寺@滋賀県大津市

西国巡礼の十三番札所の「石山寺」です。この日、本尊の如意輪観音像の特別公開が行われていたので見に行きました。このお寺は、紫式部が源氏物語を書いた場所とも伝えられているそうです。

実は石山寺は、いろいろと縁があって何度か来た事があるのですが、以前は寺社にそれほど興味も無かったので、それほど感銘を受けることも無く・・(^-^;;

しかし、この日めぐって、その素晴らしい景色と雰囲気に圧倒される感じでした。

このお寺は花がいろいろと有名ですね。もちろん桜が有名ですが、あじさい、つつじ、紅葉、花ショウブ、ボタン、梅などなど。この日もいろいろな花が咲いていましたが、トサミズキが印象的でした。

桜は、まだまだつぼみで残念でしたが、季節になるととても美しいのでしょうね。

さて、本尊の御開帳を見に行きます。ここの本尊は如意輪観音様です。如意輪観音様というと六臂のなんとなく女性的なふっくらした柔和な表情の観音様を思い浮かべるのですが、ここの本尊は、二臂で顔も男性的でした。大きさもかなり巨大な像で、迫力がありました。

基本は33年に1度の公開だとのことです。次の公開の時にも、もう一度見に行きたいと思える素晴らしい像でした。

↓舞台造の本堂です。
090330-1.JPG

↓無憂園。来週あたりには、桜満開の素晴らしい景色になるのでしょう。
090330-2.JPG

↓境内のいたるところに紫式部の像がありました。
090330-3.JPG

↓トサミズキの花。
090330-4.JPG

↓ゆるキャラの名所滋賀県ならでは。おおつ光ルくん。
090330-5.JPG

↓御朱印です。
090330-6.JPG
posted by たぬき at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺社@滋賀
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック