2009年05月04日

国宝鑑真和上展@奈良国立博物館

4月下旬、この日は法隆寺に向かおうとしたのですが、雨のため進路を変更し奈良国立博物館の「鑑真和上展」へ。国立博物館の年間パスポートに入っているので、無料で閲覧することが出来ます♪

鑑真和上といえば、唐招提寺。今週に金堂の平成大修理が完了することを記念して行われているそうです。

唐招提寺にまつわる多くの仏像・仏画や東山魁夷画伯の襖絵など、見所は満載でした。幾度と無く渡航に失敗し、失明しつつも日本に仏教の戒律を伝えた鑑真の偉大さには、本当に感動します。

有名な鑑真像は落ち着きと、鑑真の魂を表したかのような・・本当に威圧されるような像です。昨年は唐招提寺で拝ませていただいたのですが、間近で見れる展覧会ならではの雰囲気では圧倒される感じがします。

井上靖の「天平の甍」では、鑑真は体格ががっしりしているという風に描かれているのですが、この像を見るとそうとも思えない気もします。

そのほかの仏像では、顔も腕もない如来形立像のプロポーションの美しさにも見とれてしまいました。

この日、平常展では、とてもよく似た二つの仏像として、木造如来坐像(金峯山寺)と木造天部立像(兵庫県)が、展示されていました。

とてもユーモラスなお顔。私は、一目見たときSMAPの香取慎吾に似ていると思いました。瓜二つのこの仏像は、同じ時期、同じ仏師で作られたと考えられているそうです。

奈良国立博物館は平常展も、ちょくちょく仏像が入れ替えられていた、仏像好きにはたまらない場所ですね。また年間パスを利用して、見学したいです♪

↓鑑真和上展の様子です。
090504-1.JPG
posted by たぬき at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光・旅行・遊び場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック