2009年11月11日

ラーメン藤・本店@京都市南区東九条南

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!

京都のあっさり系醤油ラーメンを代表するお店「ラーメン藤」です。京都を代表する製麺所「近藤製麺工場」が経営される店でもあり、その自家製麺に合う京都ラーメンを出されています。

今回は、いつも拝見させていただいているブログ「奈良麺類図鑑」を読んでいて、しばらく「ラーメン藤」行ってないなぁ・・と急に行きたくなり、行ってきました♪

「ラーメン藤」さんには、かなり長い間行ってないのですが、私は幼い頃から「第一旭」をよく食べて来たこともあり、それとよく似た「ラーメン藤」さんも私のふるさとラーメンという感じの味です。

メニューは、醤油スープのラーメン、メンマ入り、特製(大盛り)があり、他に味噌味のラーメンがあります。迷わず特製ラーメンを注文。

出てきたラーメンは、これぞ京都の王道を行く醤油ラーメンです!ネギたっぷりで、第一旭とも似ています。第一旭と比べると、スープに脂分がきめ細やかに浮かんでいて、スープの透明度は低い感じです。

ここのスープ、第一旭が豚骨からスープを作るのと少し違い、豚のモモ肉をメインにスープを作ると聞いたことがあります。そのためか、第一旭と非常に似た動物のダシが効いた旨みのある味ですが、塩気がやや強い感じがします。しかしながら京都のオーソドックスな醤油スープとして完成度が非常に高い味です♪

麺はやや細ストレート。近藤製麺の麺を使用している店はゆるめのゆで具合が多い気がするのですが、このお店は、ちょうどプリッとした感覚のゆで具合で、他の京都系のお店に慣れていると違和感を感じるかもしれません。そのためか、お客さんには麺柔らかめで注文されている方も多かったです。

ネギ、モヤシのシャキシャキ感は心地よく、このスープとよく合いますが、圧巻なのは食べても食べてもスープの中から現れるチャーシュー。

そのチャーシューは、脂身の少ないモモ肉が使われています。醤油でしっかり味付けされていて、スープの味と非常によく合っています。第一旭が赤身と脂身が半々くらいなのに対し、少し違う感じがします。

ここのラーメンを食べると第一旭と似ているためか、どうしても比較してしまいます。しかし、その完成度は高く、第一旭と並ぶ京都の醤油ラーメンの王道という感じがします。この系統の味は大好きなので、これからもちょくちょく立ち寄りたいと思います♪

↓きめ細やかな豚の脂が浮く、スタンダード醤油ラーメン。
091111-1.JPG

↓脂身少なめのチャーシュー。
091111-2.JPG

↓近藤製麺のストレート麺。
091111-3.JPG

↓お店の外観です。
091111-4.JPG
posted by たぬき at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
田原本のと見比べたら本店の方がスープの透明感があってあっさりしてそうですね。
チャーシューもあっさりしてそうだし、今度行ったら普通の醤油を食べてみます。
Posted by naraspa at 2009年11月11日 23:16
naraspaさん、こんにちは^^

あっさりと言ってもコクがあって、オーソドックスですが、美味しい醤油ラーメンですね^^私も、また行ってみます。
Posted by たぬき at 2009年11月12日 22:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック