2010年01月11日

聖林寺@奈良県桜井市下

聖林寺というと国宝の十一面観音像が有名ですが、1/1〜1/3は宝蔵天、弁財天も特別公開されるとのことで訪れました。

桜井市から車で数分でお寺に着きます。小さな境内ですが、小高い山の上に建ち、桜井の町を見渡すことが出来ました。

このお寺、妙楽寺(現・談山神社)の別院として建立されたそうです。また十一面観音像は、明治の神仏分離令の際に、大神神社の神宮寺だった大御輪寺というところから移されたものだそうです。

あまりに十一面観音が有名なため、私は本尊が地蔵菩薩とは知らずに訪れました。本堂に入ると大きなお地蔵様がおられ、非常に驚きました。

その横に特別公開の弁財天が小さく展示されていました。特に特別公開などの文字も書かれておらず、見逃しそうでした(^-^;この日、もうひとつの宝蔵天は修理のためでしょうか。今年は公開できませんと、張り紙がされていました。残念。

本堂から続く階段を登ると観音堂があり、そちらに十一面観音様がおられます。奈良時代末期の作と言うことで、以前、訪れた京田辺の「観音寺」の同じく国宝の十一面観音様とよく比較されています。

聖林寺の十一面観音様のほうが大きいのでしょうか。観音寺と違いガラス張りの展示室で、全身を見れたからでしょうか。圧倒されるような感覚がありました。表情も聖林寺の観音様の方が厳しく男性的な感じがしました。

↓本堂です。
100111-1.JPG

↓お寺の方が、入江泰吉撮影のポストカードセット(郵便番号5桁のものです)を無料でくださいました。
100111-2.JPG

↓本尊ではなく、十一面観音の御朱印をいただきました。
100111-3.JPG
posted by たぬき at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@奈良
この記事へのコメント
入江泰吉のポストカードは良いですね。
この観音様も特徴がある仏様です。
Posted by naraspa at 2010年01月11日 22:30
naraspaさん、こんにちは^^

入江泰吉のポストカード、いただけるとは思っていませんでした。5桁の古いものなので配っておられるようです。

ここの観音様は重厚な雰囲気ですね。
Posted by たぬき at 2010年01月12日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック