2010年04月07日

地蔵禅院@京都府綴喜郡井手町

先週末、桜めぐりをした場所の一つ、枝垂れ桜の名所、地蔵禅院です。井手町の役場付近から玉川の桜を見て、ずっと歩いて30分くらいでしょうか。小高い山のふもとにある小さなお寺です。

京都の円山公園の初代枝垂れ桜は、地蔵禅院の枝垂れ桜を移植したもので、子供にあたるそうです。

このお寺の枝垂れ桜は、その初代枝垂れ桜の種子から育成した二代目だそうで、円山公園の初代枝垂れ桜と兄弟ということでしょうか。円山公園の現在の枝垂れ桜(二代目)は、円山公園の初代の種子から育成したとのことで、現在の円山公園の枝垂れから見ると、現在の地蔵禅院の枝垂れはおじ・おばになるんですね。

この日、枝垂れ桜だけでなく境内では源平桃という紅白混ざった美しい桃の花も咲き誇っていました。

境内からは、南山城の平野と生駒山麓を一望でき、素晴らしい景色が広がっていました。

↓有名な枝垂れ桜
100407-1.JPG

↓源平桃
100407-2.JPG

100407-3.JPG

↓山門です。
100407-4.JPG

↓御朱印です。
100407-5.JPG
posted by たぬき at 21:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都
この記事へのコメント
井出にも、立派な枝垂れ桜があるんですね。知りませんでした。
Posted by naraspa at 2010年04月07日 23:18
このあたりは、玉川だけでなく川沿いに桜が植えられているところが多くてきれいですね。京都の街中の混雑では味わえない良さがあります^^
Posted by たぬき at 2010年04月08日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック