2010年04月11日

讃岐製麺・宇治店@京都府宇治市大久保町旦椋

「ザめしや」で有名な「ライフフーズ」が、チェーン展開しているセルフ形式の讃岐うどん屋さん「讃岐製麺」さん。

同じくライフフーズは「めんむす」という讃岐うどんチェーンをやっているのですが、「めんむす」は店舗が減る一方、「讃岐製麺」は関西、中部を中心に増えています。今後は「讃岐製麺」を中心に事業展開していくんでしょうね。

個人的には「めんむす」は好きで奈良の押熊にお店があった時に、何度も行ったことがあるのですが、こちらは初めてです。

店舗は、昔は「ザめしや」だったんだろうなという建物です。ファミリーレストラン風できれいで大きく、家族連れ、一人、大人数といろいろな方でも入れそうです。

メニューは讃岐うどんの基本メニューは、そろっています。それと「めんむす」では「ザめしや」と同じように多くの惣菜がそろっているのですが、この「讃岐製麺」は、よりセルフ式の讃岐らしく天ぷら、おにぎり、いなりなどに焦点を絞ってサイドメニューが揃えてあります。

この日は、ぶっかけ(冷)の並(280円)と、明太ちくわ天(100円)、鶏のしそ天(130円)を注文。天かすとネギは入れ放題です。

ぶっかけにネギと天かすを好みにかけていただきます。麺はコシはものすごく強いという訳ではないものの、なかなかの粘りがあります。麺自体の味も個人的には好みでした。

ぶっかけのだしは、ほんのりやさしい甘さを感じる和風のあっさりとした風味。麺の表面が柔らかみがあるのでダシとの相性もよくあっさりといただけました。

それと天ぷらは衣がカリっとしていて良い感じです。ここの天ぷら。最近、流行りの讃岐チェーンと比べると天ぷらに少し、ちくわ天に明太子を加えたり、鶏のしそ天にしたりとアクセント味を加えています。

私が注文したもの意外にもかき揚げに菜の花を使っていたりと、他社のチェーン店と少し違う味わいを出してきているのも好印象でした。

最近は、讃岐のチェーン店も増えて、手軽に讃岐うどんの味を楽しめますが、ここのお店はうどん自体もサイドメニューの天ぷらもよく考えてあり、高レベルだと思いました。これからも、この道を通ったときには、使いたいお店です。

↓ぶっかけ(冷)並
100411-1.JPG

↓ぶっかけ(冷)並、の天かす、ネギをトッピングする前です。
100411-2.JPG

↓明太ちくわ天、鶏のしそ天
100411-3.JPG

↓お店の外観です。
100411-4.JPG
posted by たぬき at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック