2010年04月14日

東大寺 俊乗堂、法華堂@奈良市雑司町

先週末に訪れた奈良公園。この日は、東大寺俊乗堂の特別公開が目当てでした。

たしか2年前に、東大寺の別のお堂の特別公開時に誤って俊乗堂に来てしまったことがありました。

その時は、もちろん秘仏は見ることは出来なかったのですが、外からお祈りし、せっかくだからと御朱印をいただき、お寺のかたとお話をしていたら、親切にも秘仏の快慶作の阿弥陀様の写真をくださいました。その時以来、ずっと公開の時に再度、訪れなければ・・と考えていたお堂です。

この日、俊乗堂は秘仏公開にも関わらず観光客は少なめでした。

俊乗堂に入ると真ん中にとてもリアルな重源上人坐像(国宝、秘仏)が安置されています。お祈りした後に、お目当ての快慶作の阿弥陀様はどちらにおられるのかな?と・・探すと、、、

重源上人坐像の左手に愛染明王様がおられ、右手に阿弥陀様がおられました。想像していたよりも小ぶりなお体です。切れ長な理性的な目が印象的でした。

その後、5月以降、長い修理に入り参拝できなくなる法華堂に行きました。こちらは、すごい観光客の数でした。ここの不空羂索観音様はいつ見ても立派な仏様ですね。

↓俊乗堂
100414-1.JPG

↓法華堂
100414-2.JPG

↓奈良公園では、まだいくつかの品種の桜が咲いていました。
100414-3.JPG

↓鹿さん
100414-4.JPG

↓木蓮と散った花を食べる鹿さん
100414-5.JPG
posted by たぬき at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@奈良
この記事へのコメント
重源上人の大仏復興をNHKで放送していたのを以前見ました。
上人像の視線の先に大仏殿が入るように安置されているのを見て感動しました。
Posted by naraspa at 2010年04月14日 22:23
naraspaさん、こんにちは^^

そういえば、上人像は大仏殿のほうを向いているように思いますね。この日は特別公開なのに、それほど観光客もいなくて、静かな雰囲気で良かったです^^
Posted by たぬき at 2010年04月15日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック