2010年04月22日

額安寺@奈良県大和郡山市額田部寺町

遷都1300年祭で、4月中、忍性菩薩骨蔵器(重文)が公開されている「額安寺」です。日本最古の虚空蔵菩薩像(重文)が残っていることでも有名なお寺です。

訪れた日は、日曜日でした。特別公開だから混んでるかな・・と思いきや、参拝客は私一人でした。

それほど広くはない境内ですが、手入れが行き届いており、なんて静寂で美しいお寺なんだろう・・と感銘を受けました。

本堂と、虚空蔵菩薩様がおられるお堂、忍性菩薩骨蔵器が保管されているお堂の3つが自由に拝観出来たので、それぞれのお堂でひとりでぼーっとゆっくり眺めさせていただきました。

虚空蔵菩薩像は彩色が残っていて、素朴な表情でしたが美しかったです。

お寺から北側に歩いて5分ほど行ったところに、これまた重要文化財の五輪塔もあります。こちらは、さらにひっそりと・・住宅街の中にポツンとありました。

↓本堂
100422-1.JPG

↓静かで美しい境内でした。
100422-2.JPG

100422-3.JPG

100422-4.JPG

↓お寺から5分ほど歩いたところにある五輪塔
100422-5.JPG
posted by たぬき at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@奈良
この記事へのコメント
静かなお寺で、ゆっくりと過ごすのも良いですね。あやめも綺麗です^^
Posted by naraspa at 2010年04月23日 01:58
naraspaさん、こんばんは^^

非常にきれいなお寺でした。静かでゆっくりとすることができました^^
Posted by たぬき at 2010年04月23日 21:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック