2010年05月25日

大徳寺@京都市北区紫野大徳寺町

ゴールデンウィークに訪れた京都の春季非公開文化財特別公開のひとつ「大徳寺」。今年は長谷川等伯展が行われていたこともあり、その関連の寺社が特別公開されていました。

大徳寺もいくつかの塔頭寺院が公開されていたのですが、この日は「本坊」と「真珠庵」を訪れました。

本坊では国宝の方丈庭園、国宝の玄関の他、狩野探幽による襖絵などが公開されてました。

真珠安では、長谷川等伯の襖絵、七五三の庭などが公開されていました。こちらのお寺は、一休宗純ゆかりのお寺とのことで、京田辺の一休寺にあるものと良く似た一休宗純像が印象的でした。

どちらも大学生のボランティアのみなさんが、丁寧に説明してくれて分かりやすい公開でした。京都の特別公開は、本当に充実していますね。また次の季節のものも立ち寄りたいと思います。

↓普段、まったく公開していない山門。遠くから眺めます。
100525-1.JPG

↓本坊の入り口です。
100525-2.JPG

↓こちらは真珠庵の入り口。
100525-3.JPG

↓御朱印(本坊)
100525-4.JPG

↓御朱印(真珠庵)
100525-5.JPG
posted by たぬき at 20:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 寺社@京都
この記事へのコメント
一休さんや後醍醐天皇所縁のお寺ですね。
連休は寺院の特別公開が多かったし天気も良かったので、お寺巡りも楽しかったでしょうね~-~
Posted by naraspa at 2010年05月26日 01:22
naraspaさん、こんにちは^^

今年の連休は天気が良かったですね。京都の特別公開を何軒か回ったのですが、意外なほど空いていました。長谷川等伯展がすごい人だかりだったので、逆に良かったです。
Posted by たぬき at 2010年05月26日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック