2010年07月17日

元祖第一旭・久御山店@京都府久世郡久御山町佐山東代

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

このお店は初めて知ったお店です。「元祖第一旭・久御山店」です。国道一号線沿いには「本家第一旭・久御山店」があったりします。“元祖”が付くお店はFC店です。

お店の外観は、非常に庶民的な雰囲気。昭和の第一旭という感じがします。店内は、カウンターとテーブル席が2,3個あったと思います。店内には、強い豚骨臭がただよっています。

14時ごろ訪れたのですが、意外と客が多くて驚きました。客層は、おじさんばっかり。それもみなさん店長と知り合い?楽しそうに話しておられました。お店の二階が雀荘だったので、そこの常連さんなのでしょうか?

店長さんは一人で切り盛りされているようでした。とても元気な対応で好感が持てました。

メニューも昔ながらの昭和価格です。第一旭のFC店で言うデフォルトのスペシャルというメニューは無く、“しょうゆ”(550円)というメニュー名となっています。その他、豚バラチャーシューのデラックス(650円)、甘く味付けされた厚切りチャーシューが入るターロー(900円)などなど

他にもこのお店は、第一旭では珍しい、オリジナルメニューがいっぱいありました。

冷麺チャーシュー(価格提示なし)、塩(550円)、新しょうゆ(価格提示なし)、シロ(600円)、チャンポンめん(650円)、野菜ラーメン(550円)、カレーラーメン(600円)、キムチラーメン
(600円)など。その他、餃子や丼ぶりものも充実していました。

シロとか、新しょうゆ、塩とか普段見掛けないメニューも気になったのですが、この日は、普段、第一旭ではスペシャルばっかり注文してるな〜と、この日は豚バラチャーシューのデラックスを久しぶりに注文してみました。

さて出てきたラーメン、大きめの器で出てきます。ボリューム感があります。スープは、やや濁った印象で、第一旭らしい澄んだスープとは違います。具は、ネギ、チャーシュー、モヤシ、メンマとシンプル。

スープは、とても豚骨臭が強いですね。しかしこの豚骨のダシがしっかりとれていて、そこに醤油の旨みが加わりまろやか。かなり第一旭の中では、特徴があるスープですね。京都のラーメンでは「一番星」さんに近いスープかな、と思いました。

このスープは、旨みが強いのですが、臭みがあるので、好き嫌いが分かれるかもしれないな・・と思いました。

麺は柔らかめの茹で具合の中細ストレート。器が大きいからかボリューム感を感じました。

チャーシューは、デラックスを選択したこともあり、厚切りの豚バラ肉が乗っています。これが本当に口の中でトロットロッにとろける感覚でとても良い感じ。今まで食べた第一旭のデラックスのチャーシューの中でも高レベルだと思いました。

かなりのボリューム感、豚骨醤油の旨みを感じられ、さらにコストパフォーマンスのよいお店だなと思いました。

そして、最後に店長にお金を払おうとすると、元気な店長「650まんえーん!」と(笑) 素晴らしいサービスだなと爆笑してしまいました(^^;

↓デラックス
100717-1.JPG

↓チャーシュー
100717-2.JPG

↓麺とスープ
100717-3.JPG

↓お店の外観
100717-4.JPG
posted by たぬき at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
元祖と本家があるって知りませんでした。そういう違いがあったのですね^^
Posted by naraspa at 2010年07月17日 22:49
naraspaさん、こんにちは^^

本家が付くのは直営と言われていますが、すべてがそうではないみたいです。なんだか複雑なようで(^^;

元祖は、FC店です。大ちゃんという特徴のあるキャラクターが描かれていることが多くて、分かります。

奈良は、どちらにも属さないとか聞いたことがあります。
Posted by たぬき at 2010年07月20日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック