2010年08月19日

紅虎餃子房・イオンモール橿原アルル店@奈良県橿原市曲川町

橿原のイオンモールにある餃子をメインとした中華料理屋さん「紅虎餃子房」さん。ランチタイムに訪れました。

お店は、ショッピングセンターにありそうなレストラン風で、多くのお客さんで賑わっていました。

メニューは、餃子が(たぶん)9種類の他、中華メニューが充実しています。麺類は、坦々麺がメインのようですが、ラーメンもやっておられます。

この日は、人気メニューの大餃子4個440円、やみつき餃子のピリ辛「紅餃子」6個390円、鉄鍋棒餃子5個600円と、ここでもラーメンを・・と思いチャーシューメンを注文しました。

まず出てきたのがチャーシューメン。済んだ色合いの醤油スープです。スープの色合いが少し赤みがかっているのが特徴的。具はチャーシュー、玉子、メンマ、ネギ、ノリとシンプルです。

まずスープをいただきます。赤みがかっているだけに辛いのかな?と思いきや、とてもあっさりとした醤油スープです。鶏ガラベースなんだと思いますが、癖がなくしっとりとした万人受けする素朴な醤油スープです。

麺は、中太の縮れ麺。麺があっさりしているので、それほどスープとの絡みはよくないような気がしましたが、コシがそこそこあり、食感の良い麺でした。

どちらかというと特徴の少ないスープと麺でしたがチャーシューは、しっかり醤油ダレで味つけられていて本格的。食感もしっとりしていて、噛むたびに口の中に肉の旨みが広がる感覚があり高レベルでした。


そして、、ちょっと気になるのは、料理のタイミング。ラーメンを食べ終わって、数分待ち、、、あれれ・・注文忘れてる?ってころに、大餃子と鉄鍋棒餃子が到着。まぁ気にせずいただきます。


大餃子は、写真では分かりにくいのですが一般的な餃子3つ分くらいのサイズでしょうか。ボリュームたっぷりです。具も野菜やタケノコなどがたっぷり入っていてなかなかの美味しさでした。

一方、鉄鍋棒餃子。こちらは大餃子と同じ具かな?と思いましたが、こちらは具を辛めに味付けしておられました。鉄鍋で焼かれ、アツアツ、パリッパリの皮の食感を楽しむことが出来ました。


で、またまた・・・食べ終わり、しばら〜く待ちます。。。なんでこんなに時間がかかるんだろうと思っていると「紅餃子」がやってきました。


こちらは赤い色合いの皮を使った水餃子でした。皮の色合いは赤とピンクの中間の、本当に“紅”といった色合いで、辛そうに見えないのですが、食べてみると意外なほど辛味が強いです。なかなか個性的な餃子でした。

いろいろ個性的な餃子が楽しめたお店でした。中華料理も充実していて、何度かよっても楽しめそうなお店です。ひとつ“?”なのは、料理を出すタイミング。

居酒屋的なお店だと、一品ずつゆっくり出すのは分かるのですが、ランチタイムのショッピングセンターのレストランで、待たせるほどゆっくり出すのはどうなんだろう?と思いました。

↓大餃子
100819-1.JPG

↓鉄鍋棒餃子
100819-2.JPG

↓紅餃子
100819-3.JPG

↓チャーシューメン
100819-4.JPG

↓チャーシュー
100819-5.JPG

↓麺とスープ
100819-6.JPG

↓玉子
100819-7.JPG
posted by たぬき at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
料理をサーブされるタイミングって気になる時がありますね。
食べログを始めるまで、すごく気になったのですが写真を撮るようになり遅くても気にならなくなってしまいました>
これはこれでどうかと思っています~~;
Posted by naraspa at 2010年08月19日 23:53
naraspaさん、こんにちは^^

私は写真とは関係なく気になります^^;
このお店は、本当に遅くて、、おどろきました。食べてる時間より、待ってる時間が多いという感じでした^^;
Posted by たぬき at 2010年08月21日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック