2010年08月22日

本家 第一旭・久御山店@京都府久世郡久御山町森村東

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

久御山町には、この「本家 第一旭」と「元祖 第一旭」の二店舗があります。一般的に本家は直営系、元祖はFC店と言われています。

ただ、この久御山の本家のお店と、大久保東店は“本家”の暖簾をかかげているのですが、その昔、第一旭のHPに全店リストが載っていた際に、この2店舗は載っていませんでした。

なので、どういう理由かは知りませんが、暖簾分けされて独立採算店として営業されているお店なのかな?と想像しています。第一旭は、今、たかばし店と寺田店は独立採算店となっているみたいですが、それと同じように長い歴史の中、いろいろあるんだな・・と思います。

店舗は、国道1号線沿いの大きめの店舗です。まわりに大型店舗の「横綱」「幸樹」、そして同じく第一旭関連の「たかばしラーメン」などが立ち並び大型看板を掲げています。このお店は、その中で建物も老朽化し、看板も小さめで少し地味な外観です。

店内は老朽化した雰囲気と反して、意外なほど繁盛していました。ラーメンレストラン風で家族連れなどが多いですが、カウンター席も多くあり、1人のお客さんも数多くおられました。

カウンター席に座りましたが、そこから見える厨房で、もう何十年と作り続けたと思えるベテランの職人ぽい方が一生懸命スープを管理し、ラーメン一杯、一杯を丁寧に盛り付けて作られる姿が印象に残りました。

メニューは中華そば(並)650円、厚切りチャーシューのデラックス800円、味噌750円、パイタン麺(豚骨系?)650円などなど。よくFC店にあるターロー(甘く煮込んだ厚切りチャーシュー入り)は、ありません。あとメニューには書いていないのですが、肉増しは150円アップでしていただけます。また一品料理、セットメニューも多く充実していました。

この日は、中華そば(並)の肉増しを注文しました。

さて、出てきたのは豪快にネギと、豚肉がたっぷり乗った醤油スープ。これぞ「京都ラーメン!第一旭!」という一品です。食欲をそそられます。見た目は第一旭の寺田店に近いのではないでしょうか。

その他、具にメンマが乗っています。それと少し、第一旭としては、珍しくわずかながらに醤油スープに背脂が浮いていました。

スープを味わうと、少し塩分が強めに出た感じですが、第一旭らしい豚骨のコクと醤油の味わいが楽しめるスープです。背脂の甘みのようなものは、それほど感じず、脂分もそれほど強くは感じませんでした。

この塩気の強さがスープの深みを邪魔しているような気がして、個人的には、トップクラスの第一旭のお店と比べると劣るような気がしましたが、逆に言うと迫力のある直線ストレートなパンチ力あるスープだと思いました。

麺は、伝統の柔らかい中細ストレート。これが本当にスープの旨みを吸いこみます。この麺とスープが昔から味わってきた、第一旭の味の基本なんだなと痛感させられます。

そしてたっぷりの豚肉。これは本当にゴロゴロ出てきます。麺やスープの上だけでなく、麺の中や鉢の底から・・なんというボリューム感でしょう。これぞ第一旭!とうなるような分量でした。

本家を名乗るだけあり、第一旭の基本を押さえた迫力のある京都ラーメンがいただけるお店でした。個人的には、寺田店に近い味わいかなと思いました。これからも伝統の味を守り続けて欲しいお店の一つです。

↓中華そば(並)+肉増し
100822-1.JPG

↓チャーシュー
100822-2.JPG

↓麺とスープ
100822-3.JPG

↓背脂の浮いたスープ
100822-4.JPG

↓お店の外観です。
100822-5.JPG
posted by たぬき at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
第一旭のチャーシューってどのお店も凄いですね。奈良にも直営店があればなぁと思います。
Posted by naraspa at 2010年08月23日 23:07
naraspaさん、こんにちは^^

そうですね。直営店のほうが、チャーシューの量や質が良い気がします。FC店もお店によっては、とてもよいチャーシューな気がしますね^^
Posted by たぬき at 2010年08月25日 06:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック