2010年09月15日

ラーメンゆう@京都市下京区七条大宮西入ル花畑町

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

七条通り沿い、七条大宮の交差点を西に入ったあたりにあるラーメン屋さん「ゆう」さんです。ずっと気になっていたお店ですが、訪れた日が定休日だったりと、なかなか行けなかったお店です。

お店は、昔ながらのラーメン屋さんという素朴な外観です。街中ということもあり、駐車場もありません。

店内は、古そうな外観と比較して、改装してあるのか、とてもこぎれいで清潔感があります。座席はカウンター席がほとんどですが、4人掛けのテーブルが一つと2人掛けのテーブルが一つあります。

お店は、職人風の男性2人と、女性店員さんで切り盛りされています。京都駅からは少し遠い場所ですが、お店は繁盛していて、カウンター席は、ほぼ満席に近い状態でした。

メニューはシンプル。ラーメンはしょうゆが700円、みそが750円。大盛り、チャーシュー追加は、それぞれ200円アップ。コーン、ワカメ、メンマ追加は、それぞれ100円アップ。

単品は、ライス、キムチ、付出しチャーシューと、17時以降に餃子があるのみです。

この日は、しょうゆ700円のチャーシュー追加+200円を注文。待っているときにふと麺を見ると近藤製麺さんのものを使っておられるようです。

さて、出てきたラーメン、わずかに濁った醤油スープ、表面に薄切りチャーシュー、そしてたっぷりのモヤシとネギが盛られたオーソドックスな京都の醤油ラーメンが出てきます。

スープをいただくと、豚の旨みがしっかり効いた深いコクのある醤油スープです。動物系のダシ、醤油の風味がしっかり味わえますが、後味はあっさりしています。しっかりコクがありますが、くどさや醤油のとがったような感じがなく、とてもマイルドです。個人的には、過去に食べた京都の醤油スープの中でもトップクラスだなと思いました。

麺は柔らかい茹で具合の低加水、中細ストレート。近藤製麺さんらしい麺です。表面のツルツルとした感じが心地よいだけでなく、旨みのあるスープをしっとり吸い込み、美味しさを口に運んでくれます。この麺は、本当に京都ラーメンに欠かせないものです。

そして具のモヤシの多さに隠れて良く見えなかったチャーシュー。こちらも驚くほどスープの表面、麺の間などにゴロゴロと入っています。

京都ラーメンらしい、赤身と脂身のバランスのとれた柔らかみのある薄切りのチャーシュー。しっとりとした柔らかさは麺ともよく合い、また噛むたびに肉の旨みをしっかりと感じることが出来ます。

個人的に、今回いただいたような「第一旭」「ラーメン藤」系統の京都ラーメンを出すお店の中で、名店と思う店に「大輝」というラーメン屋さんがあります。その味と似ているなぁ・・と思って食べていましたが、ネットで調べていると関係があるようですね。

この日いただいた「ラーメンゆう」さんは、京都の醤油ラーメンが好きな方には、おススメできるお店です。その完成度と洗練された味は、オーソドックスな味なのに唸るような感激の一杯でした。

↓しょうゆ700円+チャーシュー追加200円
100915-1.JPG

↓チャーシュー
100915-2.JPG

↓麺とスープ
100915-3.JPG

↓お店の外観です。
100915-4.JPG
posted by たぬき at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
美味しそうですね。
京都ラーメン系の醤油味が一番、飽きがこないなと最近思います^^
Posted by naraspa at 2010年09月15日 22:48
naraspaさん、こんにちは^^

このお店は、本当に今まで食べた京都醤油の中でもトップクラスと思いました^^ また訪れたいと思います。
Posted by たぬき at 2010年09月17日 22:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック