2010年09月17日

大阪拉麺食堂 大将@京都府木津川市吐師宮ノ前

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄木津川台駅の近所、以前から焼肉の「はや」系列のお店が次々と入れ替わり立ち替わりしている場所です。この場所に中華料理風のお店が出来ていて「大阪拉麺食堂 大将」というお店が出来ていました。「はや」系列ではないようです。

この日、入るとオープンして間もないためか、お客さんは多かったです。店内は、こぎれいで開放感もあります。

もともとファミリー向けの店舗を改装したためか、ラーメンレストラン風で、テーブル席が多く、ただ一人客のためにカウンター席も作られていました。

メニューは、豚骨醤油がベースで、マー油入りの「黒大将香旨ラーメン」、ラー油入りの「赤大将辛旨ラーメン」がメインのようです。他に普通の豚骨醤油の他、熟成醤油、熟成味噌、北の塩など多くのメニューがありました。トッピングもチャーシュー、煮玉子、ネギなど数種類洗濯できるようになっています。

またセットメニューがある他、単品に唐揚げ、餃子、おつまみセット、ご飯ものに、チャーシュー丼、若鶏から丼、博多明太子ごはん、ごはんなどがありました。

この日は、黒大将香旨ラーメンのチャーシュートッピングを注文しました。

さて出てきたラーメン、白濁したスープにチャーシュー、煮玉子、ネギ、モヤシが乗っています。スープには、マー油が浮いています。

スープをいただくと、豚骨醤油とのことですが、醤油より豚骨の味が勝っています。とてもクリーミーでまろやかな味わいです。そこにマー油と表面に焦がしニンニクが浮いていて、その風味と良い香りを楽しむことが出来ます。

麺は、多加水の細麺ストレート。コシが強い感じのタイプで食感を楽しむことが出来ます。

チャーシューは、大判のばら肉を使用。この肉、ほとんど味を付けておられないのですが、柔らかく煮込まれています。また厚みがあるため、噛む食感と、豚肉本来の旨みを楽しむことが出来ます。

最初、お店に入った時はラーメンレストラン風で期待していませんでしたが、スープの出来も良く、全体的にまとまった味のラーメンをいただくことが出来ました。家族連れでも気軽に入れそうな雰囲気で、なかなか良いお店だなと思いました。

↓黒大将香旨ラーメン+チャーシュートッピング
100917-1.JPG

↓チャーシュー
100917-2.JPG

↓麺とスープ
100917-3.JPG

↓お店の外観です。
100917-4.JPG
posted by たぬき at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
木津川台に新しいお店ができたんですね。
そういえば一勇翔壮 西ノ京店が無くなって豚の骨に変わるみたいですよ。お店の看板が出来て工事してました。
Posted by naraspa at 2010年09月18日 00:06
naraspaさん、こんにちは。

えっぇーーー 一勇翔壮さん、やめられるんですね。すこし悲しいかな。あそこ本店じゃないんでしょうか。

ひさしぶりに西大寺のお店にでも行ってみようかな。。
Posted by たぬき at 2010年09月18日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック