2010年12月14日

あきた麦酒(田沢湖ビール、株式会社わらび座)

秋田県立大学・三種町NPO法人「一里塚」・田沢湖ビールが共同で開発したという、少し変わり種の地ビールです。

秋田県立大学の豊饒な農場で育った大麦と、田沢湖ビール自家製の無農薬ホップ、日本一のブナが自生する和賀山塊の水、県内で採れた桜天然酵母を使用しているとのこと。

収穫から醸造、瓶に詰める工程までを秋田県立大学と田沢湖ビールのスタッフでやっておられ、ラベルのデザインは、秋田の大仙市出身であるスタジオジブリの絵職人「男鹿和雄」さんが書いておられるとか。とにかくメイドイン秋田なビールのようです。

その二種類のビールは、二条大麦を使用したものと、六条大麦を使用したものだそうです。

まず「二条大麦」(アルコール:5%)

まず味わった感触が、すごく軽いライト系のビールでした。とてもまろやかで良い意味でみずみずしい。柔らかな口当たりと苦みの少ない優しさが特徴でした。とても軽く飲める感じでゴクゴク、ソフトドリンク感覚で飲めそうなビールでした。

↓二条大麦
101214-1.JPG


次に「六条大麦」(アルコール:5%)

こちらは、注ぐとやや濁ったような色合いが特徴です。こちらも柔らかく、飲みやすいなぁというのが印象的ですが、こちらのほうがよりフルーティーで、酸味の強い印象でした。どちらのビールも苦みは少なく、ビールが苦手な方にも飲みやすそうな優しい味わいでした。

↓六条大麦
101214-2.JPG
posted by たぬき at 21:15| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど
この記事へのコメント
奈良町の今西酒造のお酒にも桜酵母で作った日本酒があります。これもほんのりフルーティーに仕上げてあったと思います。
Posted by naraspa at 2010年12月16日 22:59
naraspaさん、こんにちは^^

ここのビール、ほんのり優しい味わいでした。いろいろな味わいがあるんだなと、本当にビールをいろいろ飲むのも楽しいものです^^
Posted by たぬき at 2010年12月17日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック