2010年12月22日

金比羅製麺・京都大山崎店@京都府乙訓郡大山崎町大山崎小字鏡田

よくある「○○製麺」系のチェーン店のひとつ「金比羅製麺」さんです。大阪を中心に展開されている、うどんチェーン「太鼓亭」が、新規に讃岐うどんチェーンとして展開されているようです。

外観は、いかにも「○○製麺」系の大型店舗と言う感じで、駐車場も完備されています。ただ、店内は、他のチェーンと比べると和風で落ち着いた感じの造りだなと思いました。

店内はひろびろとしていていました。この日、お昼時だったこともあり、混雑していましたが回転は速かったです。座席もかなり多く、席に困ることはなさそうでした。

システムとしては、おなじみのうどんを注文後、天ぷら、おにぎりなどを選択、会計を済ませるセルフ式です。

メニューは、一般的な讃岐セルフチェーンとほぼ同じ値段設定。釜揚げ、ざる、かけ、ぶっかけ280円、釜玉、おろし醤油330円、カレー、とろ玉380円などなど。一風変わっているのは、このお店オリジナルという、梅玉あんかけうどん390円。

その他、この日は12月限定メニューとして、かっちんうどん390円(揚げ餅と柚子トッピング)、さつまいものかき揚げ130円などがメニューとしてありました。

この日は、とりあえず ぶっかけの冷・並と、きす天、さつまいものかき揚げを注文しました。

ぶっかけは、最初からきざみのりが乗っています。それと好みに応じて、天かす、ネギのトッピングは自由です。

うどんは、やや不均一な感じですが、角が立っていて讃岐らしい麺です。その食感は、予想以上に粘りがあり、小麦の風味も感じられ、チェーン店としては高レベルな感じです。

そしてぶっかけのダシも、優しい鰹の風味が感じられる、やや関西よりな味わいで、あっさり感が強く本当に食べやすいものでした。麺との相性も良く、今まで食べた「○○製麺」系のチェーンの中でも良いほうかなと好印象でした。

それと天ぷら。きす天は、小ぶりですが、他の讃岐チェーンで、あまり見ないメニューでしたので新鮮です。あっさりとした風味で美味しくいただけました。さつまいものかき揚げは、さつまいも、たまねぎ、ニンジン、紫蘇などが入っていましたが、さつまいもが厚切りで、かなりの食べ応えがありました。大きさもすごくて、、、うどん以上にボリューム感を感じる一品でした。

ありがちなお店かな・・と思い、寄った店舗でしたが、麺の風味も、ダシの風味もなかなか高レベルでした。京都には、この一店舗のみですが、他にも出来たらいいのにな・・と思うお店でした。

↓ぶっかけ(冷・並)
101222-1.JPG

↓麺のアップ
101222-3.JPG

↓奥:さつまいものかき揚げ、手前:きす天
101222-2.JPG

↓お店の外観
101222-4.JPG
posted by たぬき at 21:13| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
うどんにくびれが入って手打ちの様な仕上がりの麺ですね。
関西風の出汁が好きなので奈良にも出来て欲しいお店です。
Posted by naraspa at 2010年12月22日 23:16
naraspaさん、こんにちは^^

このお店、naraspaさんが好きそうなお店かもしれませんね。とても食べやすいお味でよかったです。
Posted by たぬき at 2010年12月24日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック