2010年12月28日

池上製麺所@高松市香川町川東下字高須

雪の中の高松、うどん食べ歩き。一軒目を9時45分くらいには食べ終えて、、予定では別のお店に行くつもりもあったのですが、雪で極寒のこの日、“るみばあちゃん”で有名な人気の「池上製麺所」さんでも行列は少ないのでは・・と、急きょ向かいます。

「池上製麺所」さんの開店時間は朝の10時。お店の前に到着したのは10時2分くらいでした。予感は的中♪駐車場もそれなりに埋まっていましたが、さすがに雪の中だけあり、行列はなし。店内も少し混雑はありましたが、すぐに入ることが出来ました。

メニューは、釜揚げ、冷、熱かけ、冷かけの4つのみ。1玉150円、2玉250円、3玉350円だったと思います。釜揚げと、冷は、だし醤油をかけていただく生醤油うどんのようなものとのこと。この日、おススメマークが熱かけに付いていました。

有名なお店だったので、なんとなく麺自体を味わってみたいな・・と思って、冷1玉を注文しました。そして天ぷらコーナーで、どでかい穴子天を発見したので、それをいただきました。

うどんの受け取りから、天ぷらコーナーまで、るみばあちゃんは見当たらず、少し残念と・・思いながら、こぎれいなテント風の食べる場所に移動します。すると、るみばあちゃんは、ストーブに当たりながらお土産うどんを包んでおられました。

「こんにちは」と挨拶すると、ニコニコしながら挨拶を返してくださります。隣にいた別のお客さんに「今日の寒さでは、熱かけが美味しいと思うよ」「寒い日の朝は、熱かけのダシが美味しい、言葉でうまく説明できんが、気温や湿気も関係するよ」とニコニコ顔で説明しながら、うどんのほうを確認してくると言って、移動されました。すこし短い間でしたが、うれしかった気がしました。

店内は、テント風で開放感があります。テーブルと席がきれいに並べてあります。ストーブが置かれているのもあってか、それほど寒いなぁという感じはしませんでした。

さて、うどんをいただきます。うどんは、とてもきれいに角が立っていて、さらに表面にくびれがあり、讃岐らしい美しい麺です。最初からネギはトッピングされていました。だし醤油を適度にかけて、いただきます。

麺は、コシと粘りもしっかりとしてます。ただコシばかりが強いわけではなく、適度なしっとりとした柔らかさもあり、かなり良い感じです。小麦の味わいも感じられて、とても好みの麺でした。それとだし醤油も、醤油の味が前面に出過ぎたような感じではなく、ほどよい柔らかな風味があり、この麺ととてもよく合う感じでした。

そして、巨大な穴子天。こちらも開店直後だったからか、揚げたて感があり衣の食感も良かったです。穴子が予想以上に柔らかく、噛むとしっとり、あっさりとした味わいでしたが、大きさがすごいので、食べごたえがありました。

お店に来る前は、もっと観光地化したようなお店なのかな・・と、それほど期待はしていなかったのですが、そんなことはなく、店名に負けない、しっかりとした麺をいただくことが出来ました。行列にも巻き込まれず、るみばあちゃんとも挨拶することが出来、雪の降る中のうどん巡りも良いことはあるなぁと思いながら、店を後にしました。

↓冷・1玉
101228-1.JPG

↓冷・1玉、だし醤油をかけた後
101228-2.JPG

↓うどんのアップ
101228-3.JPG

↓穴子天
101228-4.JPG

↓天ぷらコーナー
101228-5.JPG

↓るみばあちゃんの弟子たちのお店
101228-6.JPG

↓お店の外観です。
101228-7.JPG
posted by たぬき at 17:34| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
るみばあちゃんとこ行かれましたか
いいなぁ〜
最近るみばあちゃんシリーズは
生協で売ってるので
それを茹でて家で楽しんでいます。
あ〜でもやっぱり香川で食べたいですぅ
Posted by れみママ at 2010年12月28日 22:35
れみママさん、こんにちは^^

るみばあちゃん、会えてよかったです。感動しました。香川のお店って、かなり独特で面白いですよ^^ 特に製麺所さんとか行くと、、個性的で・・いつか行ってみてくださいね^^
Posted by たぬき at 2010年12月29日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック