2010年12月30日

あづまうどん@高松市前田東町

この日11時前に、食べ歩き3軒目を出て、そろそろお昼時だな・・と高松市の郊外、高松東IC付近にあるこのお店へ向かいました。降雪もやんでいましたが、まだまだ外は驚くほど寒いなぁという気温でした。

お店は12時前後に到着。お店のそばには駐車場があり、多くの車が停められるようになっていました。お昼時だけあって、地元の方と思われるお客さんが、ぞろぞろと引き込まれるように店内に入って行かれます。

お店の外観は、木造の小屋風。大きな旗で「あづまうどん」と掲げられていて、独特の雰囲気があります。店内だけでなく屋外にテントのような場所が設けられており、そちらでも食べておられる方が多くおられました。お店のホームページを見ていると、この建物、元大工という店長さんが自分で作られたとのことで驚きます。

店内も木造の小屋風で、とても良い雰囲気。店内は、ほぼ満席で活気があふれていました。またセルフのコーナーは数人並んでおられました。システムは、うどんを注文し、うどんをいただくまでの間に天ぷら、惣菜などをとり会計をする一般的なセルフタイプです。

メニューは、かけ(温・冷)200円、ざる、冷し、湯だめ、釜かけ250円、釜あげ、ぶっかけ(温・冷)280円、釜玉ぶっかけ300円、肉うどん380円、肉ぶっかけ400円 などなど。天ぷらは、ほとんどが80〜100円くらいだったと思います。

この日は、とりあえず、ぶっかけ(冷)を注文。

さて、うどんを受け取り席に着こうとすると・・・店内席がちょうど満席になり、仕方なく外のテントへ・・ストーブが置いてありましたが朝から雪が降っていたこともあり激寒でした(^^; 冷にしたことを後悔・・ あぁ・・温かいうどん食べたいと思いながら、冷を食べる・・変な感覚(笑)

テーブルには、天かす、七味、醤油などが置いてあります。

ぶっかけうどんは、最初からおろしとレモンがトッピングされていますが、とてもシンプル。濃いめのダシが少しだけかけられています。手打ち麺は、きれいに角が立ち、つややかで美しいものです。見るからに美味しそうな雰囲気が漂っています。

その食感は、これぞ讃岐という引き締まったコシの強さ。そして小麦本来の味がストレートに伝わるような、とても美味しい麺でした。外気の寒さで、冷にしたことを後悔してましたが、逆にこの引き締まった麺を食べていると、そのような気分も吹き飛ぶような素晴らしい麺でした。

ぶっかけのダシは魚介の風味が強く出ていますが、昆布のような風味もあり、濃い味わいだが柔らかさもあります。強いコシのうどんとの相性も良く、朝から4食目でしたが、これはツルツルと食べられる心地よい美味しさがありました。

帰り道付近にあるお店で、適当に選んだお店でしたが、このお店も讃岐うどんの良さをストレートに味わえるようなお店でした。雰囲気ものどかで良い感じで、満足できました。

この日、夕方から降雪予報だったため、雪が降る前に・・・と、このお店を出て、すぐに関西方面へ・・思いつきで9時20分に香川到着後、約3時間。過去、最短の滞在でした(^^;

↓ぶっかけ(冷)
101230-1.JPG

↓うどんのアップ
101230-2.JPG

↓天ぷらコーナー
101230-3.JPG

↓テント内の様子
101230-4.JPG

↓お店の外観です。
101230-5.JPG

↓天かす入れ放題
101230-6.JPG

↓メニューです。
101230-7.JPG
posted by たぬき at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック