2010年12月30日

さぬき庵@滋賀県蒲生郡竜王町西横関

ところ変わり、滋賀県の竜王にある讃岐うどんのお店「さぬき庵」さん。

お店の外観は、玄関の両脇に滋賀県らしく、信楽焼のたぬきが置いてあったり、素朴な和風の食堂といった風貌です。お店の前に駐車場があります。

店内も昔ながらの食堂風な雰囲気でテーブルがいくつか並べてあります。ただちょっと独特の雰囲気?と思ったのが、阪神タイガースグッズがいっぱい置いてあったり、壁には阪神タイガースの選手のサインがずらりと・・・・。それも結構新しい選手のサインばかり。タイガースの選手が訪れたりするのでしょうか。素朴な食堂風ながらも阪神カラーなのは、関西ならでは・・?なのでしょうか。

メニューは、讃岐うどんらしいもの・・かけ350円、生醤油350円、釜あげ500円、釜たま550円、湯だめ450円、ぶっかけ450円、ざる500円、エビ天おろしぶっかけ650円、カレーうどん600円etc・・・

などが目につくのですが、少し普通の讃岐うどんのお店では見かけないようなのも、、揚たまごぶっかけ550円、うなぎぶっかけ650円、揚たまごうどん450円とか、なんとなく面白いなと思いました。他にセットメニューなどもありました。

それと、おでんと、おむすび、いなり などはお店の中央にセルフコーナーがあり、勝手に取ってきて食べれるようになっていました。値段はおでん1本100円、いなり1皿200円、おむすび1皿200円。おむすび、いなりは、1皿に2つだったと思います(ちょっと記憶があやふや・・)。

この日は、揚たまごぶっかけがどのようなものなんだろう?と気になりながらも、普通にエビ天おろしぶっかけ(冷)を注文。

さて出てきたおうどん、普通サイズの海老天が真ん中に乗っています。それとおろしがたっぷり、ショウガ、天かす、ネギ、ゴマもけっこうな分量、振りかけられています。ぶっかけのだしは、うどんとは別に出てきます。

うどんの麺は、とても白い色合いで、不均一ながら角が立った讃岐らしいものです。食感は、表面がつるつる、そして程よいコシと粘りがあり、なかなかのもの。ただ麺自体の味は、少し硬いような風味がする感じで、あと一歩かなという感じはしました。

ぶっかけのダシは、あっさりながらも柔らかいコクのある関西風。つるつるした食感の麺との組み合わせは、とても軽い感じで食べやすいものでした。

海老天は、普通サイズでしたが、天ぷらのサクサク感も海老のぷりぷり感もあり、良い感じでいただくことが出来ました。

このお店、なんの前知識もなく立ち寄り、タイガースグッズに囲まれた雰囲気の印象で、味は期待してなかったのですが、なんのなんの、なかなかしっかりとした讃岐うどんをいただくことが出来ました。新しくオープンした竜王のアウトレットからも近いので、また機会があれば立ち寄ってみたいと思います。

↓えび天おろしぶっかけ(冷)
101230-13.JPG

↓うどんのアップ
101230-14.JPG

↓お店の外観です。
101230-15.JPG
posted by たぬき at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
大和高田に水井という老夫婦が営むうどん屋さんがあるのですが、そこもタイガースグッズが多くて雰囲気が独特だったので思い浮かべてしまいました。
そういう雰囲気のお店好きです~~
Posted by naraspa at 2010年12月30日 23:56
naraspaさん、こんにちは^^

関西には、やっぱりタイガース系のお店多いですよね^^;

このお店、独特なんですが、意外なほど本格的な讃岐うどんで驚きました^^
Posted by たぬき at 2011年01月02日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック