2011年01月18日

丹後地ビール(株式会社京都たんごファーム)(2)

ずいぶん以前にもいただいたことのある丹後地ビールです。

以前は、ボック、ミュンヘナー、メルツェンの3種類をいただいたのですが、今回は、ボック、ミュンヘナーと、丹後のコシヒカリを使用したという地ビールをいただきました。コシヒカリ地ビールには、特に名称は付いていなかったです。

↓過去の記録
丹後地ビール(1)

ボック(アルコール:5%)

黒系のビールで、泡立ちがとても良いです。ほのかな香りと甘みがありコクがあります。それと柔らかな後味が特徴で、意外なほど飲みやすいビールです。

↓ボック
110118-1.JPG


丹後地ビール(コシヒカリビール)(アルコール:5%)

2年連続「特A」級に認定された丹後コシヒカリを副原料に使用した地ビールとのことです。

注ぐと淡色系のビールで、こちらもとても泡立ちがきめ細やかなのが印象的。酸味のありそうなフルーティーな香りが漂います。ただ飲むと、その香りと反するくらい、癖のない味わい。ボックと同じく後味はやわらかく、それと合うようなあっさり感。苦みは少ないのですが、なんとも飲みやすく美味しいなと思ったビールでした。

↓コシヒカリのビール
110118-2.JPG


ミュンヘナー(アルコール:5%)

こちらはハーフ&ハーフのような味わいが売りと言うビール。色合いは黄金色でやや濁った感じです。甘みとコクのバランスが良く、さらに後味にほんのりと苦みを感じます。しっかりとしたコクがあるので、秋冬にゆったり飲むのにも合いそうなビールでした。

↓ミュンヘナー
110118-3.JPG
posted by たぬき at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | お酒・ビールなど
この記事へのコメント
最近、地ビールを飲んでません-_-
いつも、うらやましいなと思っております^^
Posted by naraspa at 2011年01月19日 23:45
naraspaさん、こんにちは^^

地ビールって、なかなか一度飲んだものを飲まないから、旅行とかに行かないと、飲めなかったりしますよね^^;
Posted by たぬき at 2011年01月20日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック