2011年01月23日

ハマムラ@京都市下京区東塩小路釜殿町

おすすめ度:★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都に昔からある中華料理屋「ハマムラ」さん。

この京都駅のお店は、近鉄名店街の改装前は「ラーメン屋 ハマムラ」としてラーメン専門店として営業されていて、私も仕事中の乗換時とかに、たまに利用しました。近鉄名店街が「みやこみち」としてきれいに改装されてからは「ハマムラ」のスタンダードな京風中華のお店として再スタートされています。改装後は初訪問です。

店内も昔のラーメン専門店時代は、カウンターのみだったのに対して、きれいな中華料理店風になっています。京都駅という立地もあり、観光客の方も多く来られそうです。

メニューは、中華料理を全般に扱っておられるのですが、ラーメン、餃子、焼売あたりを強く推されている印象です。

ラーメンメニューは、ラーメン専門店時代は、醤油、味噌、塩があって、改装する頃に「鶏ラーメン」を新しく一押しでやっておられたと思うのですが、ほぼそのまま残っています。改装前には、醤油とか味噌ばかり食べていて、「鶏ラーメン」を食べてなかったのと、このお店の麺類の看板メニューとして書かれていたので「鶏ラーメン」を注文しました。「鶏ラーメン」は、丹波の味わい鶏を使用したラーメンだそうです。

さて出てきたラーメン、とてもあっさりしてそうな雰囲気のやや濁ったスープ。具は、水菜、クコの実、ハマムラおじさんのナルト(なんと逆向きに置かれていました!(;_;))、チャーシュー。チャーシューは、鶏肉を使っておられます。それと柚子胡椒を使ってくださいと言われ渡されます。

スープを味わうとt、やや甘い感じのあっさり和風の塩スープ。ラーメンのスープというより“おすまし”のような和風だしの味わいで、ほんのりと甘さの中に酸味を感じます。なんとも優しい味わいで、具の水菜との相性もとても良い感じがします。

麺は、細麺ストレートで表面がつるつるしており、食感もぷちぷちと心地よい麺でした。和風のおダシで、さらに細めの麺とのこともあり、ラーメンとにゅうめんの中間を食べているような感覚がありました。

鶏肉は、モモ肉を使用されているのですが、とても柔らかくて噛むと、ホロホロ崩れるかのよう。優しい和風スープとよく合う味わいです。またクコの実もラーメンのトッピングとしては、珍しいものですが、良いアクセントになっていたと思います。

それと柚子胡椒を加えるとスープには、より強い柚子の風味と酸味が加わります。この柚子胡椒、意外と鶏肉チャーシューと合う感じがして、個人的に鶏肉チャーシューと合わせていただくと、美味しいなと思いました。

和風だしのあっさりとしたラーメンで、今風のラーメンにはない美味しさが楽しめる味わいでした。このお店、中華もあっさり味なので、老若男女問わず利用しやすいお店だと思います。

↓鶏ラーメン(ハマムラおじさんが逆)
110123-1.JPG

↓ハマムラおじさんナルト(正しい向きに直して撮影)
110123-2.JPG

↓鶏肉チャーシュー
110123-3.JPG

↓麺とスープ
110123-4.JPG

↓柚子胡椒
110123-5.JPG

↓お店の外観
110123-6.JPG
posted by たぬき at 19:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
懐かしいおじさんの顔ですね^^
本格中華店らしいタンメン風のラーメン。
美味しそうです。
Posted by naraspa at 2011年01月23日 23:05
naraspaさん、こんにちは^^

このハマムラさんの顔、忘れられないですよね。また普通の中華メニューも食べてみたいです^^
Posted by たぬき at 2011年01月24日 20:51
きゃ〜ハマムラ
この顔書けますよ〜
ノートの端に書いてました。

しかし入ったことないです。
ナルトサイコーですね!

Posted by れみママ at 2011年01月25日 21:59
れみママさん、こんにちは^^

昔からありますよね。このお店、この顔・・・印象的です(笑)昔の京都駅にあった、ラーメン屋ハマムラは、すごく庶民的なお店でした(^^;
Posted by たぬき at 2011年01月25日 22:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック