2011年02月22日

天下一品・東向店@奈良市東向南町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄奈良駅のすぐ近くにある天下一品。この日は、奈良駅付近をうろうろしていたので立ち寄りました。奈良市で私が行ったことないと思う天下一品、もうここ以外にないようなと思い、ネットで検索すると、奈良市にある店舗、この店舗以外、すべて訪れたことがあるようです。

お店は、独特の雰囲気です。といのも、同じ店舗に複数の店舗が同居されています。まず店の前にテイクアウトのコロッケ屋?たこやき屋のようなもの(はっきり確認しませんでした)があります。そして扉をあけると、天下一品のカウンター、それとテーブル席が2つ(たぶん天下一品のテーブル・・)、少し奥に入ると洒落たカウンターがあって、そちらは串カツ屋(居酒屋?)さん。

私は、なにも考えずに入って、奥のお洒落なカウンターに座ってメニューを見てびっくり。あれ?ラーメンは?とご主人に聞くと、ここは串カツ屋で、ラーメン屋は手前ですとのこと・・ほんの3メートルほど、折り返して、庶民的な天下一品のカウンターに座ります。

この串カツ屋だと飲み終わりごろに、目の前の天一からラーメン運んで(プチ出前?)してもらえるんだろうか・・とか、変なことを考えました(笑)

メニューは、トッピングによって種類が豊富にありました。ラーメン、チャーシューメン、豚バラチャーシューメン、コーンラーメン、ワカメラーメン、煮たまごラーメンなどなど。中華メニュー、セットメニューも豊富です。

豚バラチャーシューメンは、ここからほど近い場所にあった「天下一品・鴻ノ池店(閉店)」にもあったので、系列なんでしょうか。ただ鴻ノ池のお店は、山菜入りとかモツ入り、牛スジ、地鶏入りとか、もっと変わったトッピングが出来たのを覚えています。

とりあえず豚バラチャーシューメン(こってり)を注文。

さて出てきたラーメン、いつものこってりスープに薄切りの豚バラ肉が浮いています。トッピングはメンマ、ネギです。

スープは、いつもながらの鶏ガラ、野菜を煮込みに煮込みまくったようなトロトロスープ。その粘度のあるスープは、何度食べても美味しいですね。このお店のこってり感もなかなか良いように思いました。

麺は、いつもながらの柔らかい茹で具合で、濃厚スープとよく絡みます。麺を食べているというより、スープを食べているような、、あぁ天下一品だな・・という食べ心地。

そして豚バラチャーシュー。こちらは、鴻ノ池のお店とは、明らかに違う感じなので、同じ系列ではないのでしょうね。鴻ノ池のチャーシューは、厚切りで大判、濃厚な味付けだったのですが、こちらは味付けは濃い目なのですが、薄くて、ちょっぴり貧弱な感じがしました。

味自体は、美味しいのですが、昔の鴻ノ池の豚バラ肉のイメージで、いただいてしまったので、あと一歩かな・・と思ってしまいました。

とはいえ、やっぱりこってりスープは、癖になる味わいでよかったと思います。それにお店の独特な雰囲気も、少し仙台の「中央通り店」を思い出すかのようで、楽しむことが出来ました。

↓豚バラチャーシューメン(こってり)
110222-1.JPG

↓チャーシュー
110222-2.JPG

↓麺とスープ
110222-3.JPG
posted by たぬき at 19:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@奈良
この記事へのコメント
お店によってバラチャーシューに違いが有るんですね*o*
鴻池のお店が閉店したのは気が付きませんでした。
Posted by naraspa at 2011年02月22日 23:25
naraspaさん、こんにちは^^

天一は、具はとくにお店によって、かなりオリジナリティーがありますよね^^

鴻ノ池のお店、好きだったのに残念です。
Posted by たぬき at 2011年02月23日 21:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック