2011年03月03日

第一旭・直営亀岡店@京都府亀岡市篠町篠埜殿林

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

第一旭の直営亀岡店です。昔から第一旭の直営店と言えば、たかばし、南インター店、寺田店(城陽)、亀岡店でした。ただ今は、たかばし、寺田店は独立採算となり、南インター、亀岡店は、外食産業のクーデションカンパニーに属しているそうです。このクーデションカンパニーは、新たに「たかばし」ブランドで、第一旭の新店舗を展開されています。

この日は、この店舗では、ラーメンを食べた方は餃子100円という、餃子フェア(持ち帰りもOK)をやっておられました。持ち帰り用のために、混雑しないよう、店舗前にも仮設で餃子販売用のテントが作られていたりしました。

この日は、普段は特製醤油ラーメンばかり食べてるので、熟成味噌ラーメン(小)600円+肉増し150円。それと単品のターロー(甘辛いタレで味付けた焼き豚バラ肉)350円を注文しました。

出てきたラーメン、小サイズだけあり、小ぶりな器。濁った色合いの味噌スープには、わずかに一味が浮いています。具にたっぷりのチャーシュー、もやし、ネギ、メンマ。そしてゴマが振りかけられています。

スープをいただくと、あ・・と、懐かしく思えるような、関西の味噌ラーメンという味わい。味噌が柔らかい深いコクがあり、意外と濃厚です。この味噌の風味にゴマの良い香りも合わさり食が進みます。そして、使用している味噌が辛めなのか、一味がかかっているからか意外とピリ辛で、後味が引き締まっている感じでした。

麺は低加水の中細ストレート。このストレート麺、ちょっと違和感がありますね。南インター店も最近、製麺所さんを近藤製麺さんから、麺屋棣鄂さんに変更され違和感があり、とても残念に思えたのですが、こちらも麺屋棣鄂さんにされたのかもしれませんね。あのしっとりとした柔らかい食感、それとスープと一体化するような、あの昔ながらの麺のほうが、第一旭さんには合う気がします。

チャーシューは、肉増しにしているだけあり、そして器が小サイズにしたこともあり・・数層の豚肉層が出来ている感じです(^^; 柔らかさもほどほどで、心地よい食感。薄い味付けでもあり、豚肉本来の味が楽しめます。量も多いので食べ応え抜群。

太めのもやしの量も多く、メンマも良い食感で、小サイズにしては意外とボリューム感を感じる一杯でした。

また単品のターローは、こちらはバラ肉特有の柔らかさとジューシーさ、そして濃いめの味付けが特徴です。ターローには、ラーメンに入っている具と同じくモヤシ、ネギ、メンマが付いてくるのですが、これらと絡めて食べても美味しいです。ご飯にも合いそうだし、ラーメンに乗せて食べても、お酒のつまみとしても合いそうな一品でした。

↓過去の訪問記録
第一旭・直営亀岡店(1)

↓熟成味噌ラーメン(小)+肉増し
110303-1.JPG

↓チャーシュー
110303-3.JPG

↓麺とスープ
110303-2.JPG

↓ターロー
110303-4.JPG

↓お店の外観です。
110303-5.JPG
posted by たぬき at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック