2011年03月06日

みつくらラーメン@京都市中京区西ノ京御輿岡町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

妙心寺道に面してあるお店「みつくらラーメン」さん。このお店は、脱サラして、滋賀に移転された岩倉の屋台「山さんラーメン」で修業されたというお店です。

店舗は、黄色い屋根に「究極の味」と書かれているのが目印。この付近の街に溶け込んだかのような風貌です。駐車場もお店から少し離れた場所に2台分確保されています。

店内は、素朴な食堂風。4人掛けテーブルが3つ、6人掛けが1つ、2人掛けが1つ並んでいます。お店は夫婦で切盛りされています。ご主人は黙々とラーメンを作られ、配膳も手伝われ、生真面目さが伝わってきます。

ラーメンメニューは、基本のラーメン(背脂醤油系)とみそ、それとサイズから選択するシンプルな構成。ラーメンは、並(1玉)550円、大(1.5玉)600円、特大(2玉)700円、超特大(3玉)800円、みそは、並600円、大700円、特大800円、超特大900円。チャーシューメンは、それぞれ200円増しです。

その他、やきめし、ライス、キムチ、生玉子があるくらいです。やきめしとラーメンを注文するとセットメニュー扱いとなり100円引きとなるそうです。またテーブルには、胡椒、一味、辛子味噌などが置かれています。

この日は、基本の背脂醤油系のチャーシューメン(並)を注文。

少しこぶりな器に出てきたラーメン。やや黄色がかったスープに背脂が浮く風貌。たしかに「山さんラーメン」を思い出す見た目です。一味が、わずかにですが浮いています。そこに大判なチャーシューが4枚。そして、ほんのりと豚骨臭がわずかにただよいます。具はネギとチャーシューだけでシンプルです。

スープの味わいは、豚骨の味わいが効いていてまろやかな味わい。背脂の味も合わさり、ほんのりとした甘みが、口の中で後味として引くように、ずっと残るのが印象的です。京都の背脂醤油系のラーメンは、鶏ガラ醤油が主流ですが、山さんの系列は、鶏ガラに加え、豚骨も使用しているのが特徴ですね。

麺は、細めのストレート麺。黄色がかっていて玉子麺だと思いましたが、どうなんでしょう。すごくプチプチとした心地よい食感がある麺です。

そしてチャーシュー。こちらは、赤身部分が使われていて、歯ごたえがしっかりしたタイプなのですが、味付けに特徴があります。濃いめの醤油ダレの味付けなのですが、ほのかな酸味と、ショウガのような味がしっかりと染みていて、これが絶妙の味わい。噛むごとにじわっと広がる旨みは素晴らしいものでした。単品で焼豚があれば、それをつまみにビール飲みたいなと、そんな風に思える絶品の味わいでした。

やさしく懐かしい味わいで、幅広い方に受けるラーメンだと思います。山さんラーメンの味を引き継いだ味わいで、ひさしぶりに「山さん」たべたいな・・という方にもおススメできるお店です。

↓チャーシューメン(並)
110305-1.JPG

↓チャーシュー
110305-2.JPG

↓麺とスープ
110305-3.JPG

↓お店の外観です。
110305-4.JPG

↓メニュー
110305-5.JPG

↓駐車場の案内
110305-6.JPG
posted by たぬき at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
モモ肉チャーシューが美味しいってポイント高いですね。
ちゃんと仕事をされているお店なんですね^^
Posted by naraspa at 2011年03月06日 22:40
naraspaさん、こんにちは^^

店長さんも真面目そうな方で、特にチャーシューの味は、とてもしっかりしていました。
近所にあれば、何度でも通いそうなお店です。
Posted by たぬき at 2011年03月07日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック