2011年03月10日

いいちょ@京都市左京区下鴨東半木町(2)

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の人気店「いいちょ」さんです。先日訪れた「みつくら」さんと同じく、岩倉の屋台「山さん」で修業されたお店として有名です。あと、あまり知られていないのですが「山さん」の前は「新福菜館」でも修業されていたそうです。

このお店は、人気店で、いつも行列が出来てます。行列が苦手な私は、最近入ることはなかったのですが、この日、趣味の寺院巡りのために、お店の前を歩いていたら、行列がありませんでした。あれ?入ってみようかな・・先日の「みつくら」さんとも味比べできるし・・と思って店の扉をあけると満席。ただ、すぐにお客さんが席をたたれたので、待たずに入ることが出来ました。

とりあえず、一番スタンダードなラーメン(並)を注文。

しばらくすると、見栄えは京都らしいオーソドックスな背脂醤油ラーメンが出てきます。背脂の浮いた、やや黄色がかったスープが印象的で、このあたりは「みつくら」さんや、師匠の「山さん」にも通じます。京都の背脂醤油系のスープによく浮いている一味は、かかってません。具は、チャーシュー、ネギ、メンマとシンプル。

スープからは、ほんのりとわずかに豚骨の香りがします。京都の背脂醤油系のお店は、鶏ガラ醤油なのが一般的ですが、「山さん」の系列は、鶏ガラと豚骨を使用しているのが特徴です。

そのスープの味わいは、動物系のダシがしっかり効いているのですが、醤油の味もとがっておらず、全体としてまろやかに仕上がっています。それと、一味も使用していないのに、スープを飲んだ時の後味が引き締まったようにすっきりと消えていく、キレの良い味わいに仕上がっています。スタンダードな味わいなのですが、まったく癖がない味わい。人気があるのが分かる気がします。

麺は、玉子麺のような色合いの中細ストレート。これは「みつくら」さんと似ていますね。ぷちっとした食感が心地よいです。

チャーシューは、薄切りですが、とても柔らかく、スープとの絡みも良いです。麺と絡めて食べても美味しい味わいでした。「みつくら」さんのしっかりチャーシューと比べると、だいぶ違う味わいですが、こちらも美味しいなと思います。

この日、食べ終わって、お店を出るときには、もう10人以上の方が待っておられました。個人的には、何十分も待って食べる味かと言われると、他のお店でも良い気がするのですが、しかしながら、とても完成度の高い、岩倉の屋台の味を引き継ぐラーメンだと思います。

↓過去の訪問記録
いいちょ(1)

↓ラーメン(並)
110310-1.JPG

↓チャーシュー
110310-2.JPG

↓麺とスープ
110310-3.JPG

↓外観です。
110310-4.JPG

↓メニュー看板
110310-5.JPG
posted by たぬき at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック