2011年03月26日

東北地方太平洋沖地震復興支援2011Jリーグチャリティーマッチ

京都サンガ0-2セレッソ大阪

久しぶりの西京極。京都サンガとセレッソ大阪の震災復興のチャリティーマッチが行われました。入場料と会場での募金をあわせて義援金として震災地に寄贈されるそうです。またグッズや飲食店の売り上げの一部も、寄贈されるそうです。

会場では、京都サンガの選手、コーチが募金活動をされておられた中、セレッソ大阪を引退された、元日本代表の森島さんも募金活動に加わっておられました。

サンガの選手は若手中心で募金活動、その中、元日本代表の森岡コーチの前は、すごい人だかりでした。

試合は、京都は昨年とは違う攻撃的サッカーを展開。良い流れも多く見られましたが、後半、疲れが見え始めたあたりでセレッソ大阪が続けざまに得点。

試合後は、震災地のベガルタ仙台、鹿島アントラーズ、水戸ホーリホック、栃木SCへ、両チームのサポーターから、大きなコールがおくられました。

↓募金活動を行う選手たち
110326-1.JPG

↓今年からホーム席は、逆側です。
110326-2.JPG
posted by たぬき at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都サンガ、サッカー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック