2011年05月09日

大黒ラーメン@京都市伏見区京町大黒町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

近鉄・桃山御陵前、京阪・伏見桃山駅を降りてすぐ、昔からあるお店「大黒ラーメン」さん。

お店は、民家をそのまま利用したような外観です。青・赤・黄色の目立つ旗が目印です。私は車で訪れたことがないのですが、駐車場もあります。

店内は、大衆食堂風。木製のテーブルが並び、カウンター席もあります。いつでも活気のある店内です。

このお店の特徴は、何と言っても約30年前の開業当時から変わらない値段。ラーメン470円、ラーメン(大)580円、チャーシュー麺580円、チャーシュー麺(大)700円。メンマ入りは50円。その他、焼飯220円、ライス100円などなど。この安さと帰り際にもらえる次回100円引き券が人気です。

この日は、チャーシュー麺を注文。

ほどなくすると京都らしいラーメンが出てきます。スープはやや濁った色合い。具は、チャーシューにネギ、太めのモヤシとシンプルです。

ここのスープは、基本の水は裏の井戸からくみ上げた伏水というこだわりがあるそうです。そのお味は、ベースの鶏ガラと豚骨のコクがしっかりと生きていている京都らしい豚骨醤油味。やや酸味を感じるものの、しっかりとした味付けで、コクとさらりとしたあっさり感が両立しています。

麺は、柔らかめに茹でられた中細ストレート麺を使用。京都らしい麺で、慣れ親しんだ味わい。しっくりと来ます。

チャーシューは、薄切りのものが多めに多く入れられています。柔らかいため、スープや麺と絡めていただくのに、適しています。

このお店、庶民的な雰囲気と、価格の安さで常に地元の方で賑わっている印象があります。ちょっと小腹がすいたときにでも、さっと入っていただける大衆食堂的な空間。いつまでも変わらない、ほっとする優しさを、これからも続けてほしいと思います。

↓チャーシュー麺
110509-1.JPG

↓チャーシュー
110509-2.JPG

↓麺とスープ
110509-3.JPG

↓お店の外観です。
110509-4.JPG

↓メニュー
110509-5.JPG
posted by たぬき at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック