2011年05月13日

田村神社・日曜市うどん

京都サンガと徳島ヴォルティスの試合を見に行った日。早朝に出発し、まず香川へ。たどり着いたのは、讃岐國一宮の田村神社。

田村神社では、日曜日に日曜市(農産物、植木、農具など)を開催し、そこにもう一つの名物「日曜市うどん」があるとのことで訪れました。寺社めぐりが好きな私にとって、一宮巡りと讃岐うどんが食べられる素晴らしいスポットです♪

神社は、一宮だけあって、意外と広い境内。それと意外なほど近年建て増しされたのだろうな・・という像や社殿などが立ち並び、雑多な雰囲気があります。一宮は関西以外では、まだ少ししか巡ったことがないのですが、この雑多な雰囲気は独特でした。

広い境内の中、参拝者休憩所にて、日曜市うどんが行われています。

参拝者休憩所に入ると、そこはテーブル席が並んだ食堂的な雰囲気。多くの地元の方で賑わっていました。

うどんは、すでに器に入ったものが用意されています。だしの冷・熱とかは、選択することは出来ず、あつかけうどん(一玉)150円のみです。それと、うどんを出しておられる横に、天ぷらや、餅、お寿司なんかが売っているコーナーがあったので、とりあえず、ちく天をもらいました。

ちく天、、勝手に100円だと思いこみ100円をおばちゃんに渡して、去ろうとしたら、あわてて止められて、50円や!と笑顔でおつり渡されました(^-^;安い。 かけうどん+ちく天で200円です。

かけうどんは、透明感のあるかけだしにネギが乗っているだけの本当にシンプルなものです。だしは、けっこう熱々。そのためか、うどん自体には、それほどコシは感じないのですが、小麦の風味もしっかりしていて味わい自体が美味しいと思いました。それにコシはなくとも、そのしっとりとした食感は心地よかったです。

それにダシの味わい。イリコがけっこう効いているのですが、強すぎず癖がなく、関西人にも飲みやすい感じです。このまろやかさと、うどんの優しさが合っていて、シンプルながらも美味しくいただけました。

ちく天は、やや萎びている感じでしたが、衣が磯辺揚げ風で味が付いていて良かったです。

ちなみに、うどんは、神社のHPに書いてあったのですが、末広製麺所とマルタニ製麺から取り寄せられているそうです。この日は、どちらからの麺だったのでしょうね。(実はこの情報は訪問時、知りませんでした。この日マルタニ製麺にも立ち寄ったのですが、帰宅後写真を見比べると、麺が似ています。また後日アップします。)

地元の方々で朝早くから賑わう日曜市。その雰囲気を食べただけでも、本当に良かったなと思える讃岐うどんでした。味も上々。また訪れたいなと思える場所でした♪

↓かけうどん150円+ちく天50円
110513-1.JPG

↓うどんのアップ
110513-2.JPG

↓天ぷらなどのコーナー
110513-3.JPG

↓参拝者休憩所で食べられます。
110513-4.JPG

↓休憩所の中の様子。
110513-5.JPG
posted by たぬき at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ
この記事へのコメント
竹輪の天ぷらが、ひねりを入れて揚げてあるのがおでん種みたいです。
神社の市にうどん屋さんが出るのも讃岐らしくて良いですね^^
Posted by naraspa at 2011年05月14日 01:22
naraspaさん、こんにちは^^

本当に讃岐の一宮は、違うなぁと思いました。地元の方々が次々と来られて、愛されている、おうどんなんだなと思いました。
Posted by たぬき at 2011年05月16日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック