2011年06月16日

ビッグラーメン・雄琴店@滋賀県大津市苗鹿

おすすめ度:★★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

京都の老舗店「ビッグラーメン」の滋賀県大津市の支店です。京都のお店、このお店ともに学生時代に何度か入ったことがあります(京都のお店は、東野から椥辻に移転されています)。この日は夕刻、通りがかりに、ひさびさに訪問。

お店は161号線沿いにあります。外観は昭和の郊外ラーメン店という雰囲気です。お店の前に車は駐車する事が出来ます。

店内は意外と広いのですが、中央に広い厨房があり、それを囲むようにカウンター席があるのみです。意外と多くの席があると思いますが、店長一人で対応されていました。接客はとても丁寧なものでした。

メニューは、醤油スープが基本で、ビッグラーメン1300円、ラーメン680円、チャーシューメン900円、キムチラーメン750円、ワカメラーメン700円など。それぞれ味噌スープに変更すると50円プラスになります。

その他、唐揚げ、餃子、焼豚、串カツなど単品メニューもあります。

ビッグラーメン、昔、千円札1枚で食べたような記憶があるのですが値段上がったのかな・・それとも京都のお店だったのかな・・そのあたりが思いだせませんでした。

この日は、チャーシューメンを注文。店長の麺を茹でる感じ、、大きな釜で泳がせる感じが第一旭のよう。茹でた後のお湯切りの動作など、熟練の技を感じます。またモヤシは、しっかりお湯を通しておられ、スープが冷めないように気を使っておられました。

そして、オーソドックスな京都系のラーメンが出てきます。鉢一杯に豚肉が敷き詰められ、こんもりとしたモヤシとネギというシンプルなトッピングです。スープは、やや濁ったような色合いの豚骨醤油スープです。

スープの味わいは、これぞ京都の第一旭系の王道とも言える豚骨醤油味。豚骨の深い旨みがしっかり出ているのと、強めの塩分、そして濃いめの醤油の味が合わさり、とても迫力がある味わいです。醤油は濃いだけでなく、味がとがっておらず、まろやかで後味も良い感じです。

麺は、中細で、ややカールしたような低加水麺です。やや柔らかめの茹で具合ですが、濃いめのスープの味を吸いこみ、麺自体に味があるかのようで美味しいです。

チャーシューは、とても柔らかく煮込まれていて、分量もたっぷり。味付けはあっさりしていて、濃いスープの味と絡めると美味しくいただけます。京都のお店の中では、大栄さんや、ラーメン帝王などと似た感じの味わいです。

モヤシは、しっかりと湯通しされているので温かいです。ネギは、少し萎びた感じがしたのが残念でした。

少しコストパフォーマンスは、高めかな・・と思いましたが、老舗らしい力強い味わいは健在でした。それに店名に負けず、ボリューム感たっぷりなのも、このお店の魅力です。また京都のお店のほうも気が向いたら、立ち寄ってみたいと思います。

↓チャーシューメン
110615-1.JPG

↓チャーシュー
110615-2.JPG

↓麺とスープ
110615-3.JPG

↓お店の外観
110615-4.JPG

↓メニュー
110615-5.JPG

110615-6.JPG
posted by たぬき at 22:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@滋賀
この記事へのコメント
ラーメン好きなんですね(´∀`)
Posted by 小池 at 2011年06月16日 23:16
小池さん、こんにちは^^

ラーメン大好きですよ〜(笑)
Posted by たぬき at 2011年06月21日 06:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック