2011年07月25日

天下一品・同志社前店@京田辺市三山木字垣の内

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

天下一品の京田辺の支店です。このお店に入店するのは7,8年ぶりだと思います。

記憶が正しければ、その当時の店舗は、もう少し北側で、今は「華ふさ」というラーメン屋+中華料理屋の店舗になっているところだったと思います。今は、移転され、丼ぶり屋さんの二階にお店を構えておられます。店舗前に車は駐車できるようになっています。

階段を上がり、店内に入ると、すぐ目の前にカウンター席、奥にテーブル席が並ぶ造りとなっています。大学に近いだけあり、多くの学生さんで賑わっていました。

メニューは、天一としては普通な構成かな・・・と思いきや「ふかひれラーメン」870円なんてメニューが存在しました。(実は、注文後、しばらくたってから気が付き・・・注文すればよかったと後悔しました^^;) ざるラーメンもありましたが、どうも天一のこってりスープとは別物のようでしたので、今回はスルー。

その他、定食、単品メニューも充実していました。

この日は、チャーシューメン(こってり)を注文。ニンニク入れますか?と聞かれましたので、入れていただきました。

厨房を見ていると、天一のスープを小さな鍋に入れて・・・グツグツ・・グツグツ・・と長く煮込まれています。なんか珍しいものを見たような。。。スタンダードなスープをさらに煮込んで、濃厚さを出そうとしておられるんでしょうか。

しばらくすると出てくるラーメン。天一らしく濃厚そうなスープにメンマ、ネギ、薄切りのチャーシューが乗っています。

スープは、煮込みの効果が出ているのか、天一の中でも濃度が高いように思えました。多少ざらついたような感覚のスープ、鶏ガラ野菜のコクがしっかり出ていて、あの濃厚さ・・・あぁ旨〜い。至福の時です。

麺は、やや柔らかい感じの茹で具合で、天一の濃厚スープとしっかり絡みます。本当に麺と言うより、スープを食べているかのような感覚です。

逆にチャーシューは、天一の数ある店舗の中でも貧弱だと思いました。薄っぺらくて、ちょっとたよりなさげな豚肉が4枚でした。薄切りなので柔らかくスープとは絡まるのですが、ちょっと食べごたえはない感じがしました。

京田辺の支店は、かなり久しぶりに立ち寄ったのですが、意外とレベル高いなぁという印象です。これだったら、また立ち寄ってみたいなと思いました。次はふかひれラーメンに挑戦です。

↓チャーシューメン(こってり)
110725-1.JPG

↓チャーシュー
110725-2.JPG

↓麺とスープ
110725-3.JPG

↓お店の外観です。
110725-4.JPG

↓メニュー
110725-5.JPG
posted by たぬき at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
お久しぶりです。
つい最近までこの近くで働いてましたが、
夜勤を終えてからたまに足を運んでました。
確かにこってり度は高かったような気が・・・。

この話題とは関係ないですが、
今年2月をもって、この「まったりとした空気が広がる」勤務地から、
「騒々しい雰囲気が広がる」勤務地に転勤になりました(^^;
Posted by DCT-65190 at 2011年08月07日 00:02
DCTさん、こんにちは^^

また勤務地が変わったのですね。
次は、どのあたりでしょう^^;
都会な感じですね。
Posted by たぬき at 2011年08月07日 19:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック