2011年08月21日

寒山@京都市右京区西院六反田町

おすすめ度:★★★
(評価について・・★:マズー、★★:フツー、★★★:ウマー、★★★★:オススメ!)

五条通りと阪急京都線が交わるあたりにある中華料理屋さん「寒山」さんです。5年くらい前だと思うのですが、ある雑誌に、このお店の「海鮮拉麺」が紹介されていて、一度行ってみたいな・・とずっと思っていたお店です。

お店は、道沿いから少し奥まった位置にあるので、少し分かりにくい立地かもしれません。駐車場は、店舗前にコインパーキングがありました。

店内に入ると、落ち着いた雰囲気です。中華料理屋さんというより、中華のしっとり飲めるお店という雰囲気。カウンターと座敷があります。カウンターには液晶テレビが設置されていて、ゆっくりとテレビを見ながら食事を楽しめます。

メニューは、多くの中華メニューも存在します。麺類は、坦々麺と海鮮拉麺、海鮮やきそば、焼きビーフンなどがあります。

この日は、長年食べてみたかった海鮮拉麺980円を注文。

この日、カウンターに座ったので、調理の様子をしっかり見ることが出来ます。ものすごく大きな貝柱や海老を調理されている様子、とても丁寧です。

さて出てきた海鮮拉麺。具だくさんですね〜。透き通った色合いのスープ。具を見ていると、海老、貝柱、鱧、イカ、アサリ、白菜、エリンギ、キクラゲ、ブロッコリー、ほうれん草、ニンジンetc・・たっぷりの魚介と中華彩菜。食欲がわいてきます。

スープは、海鮮&野菜を炒めたものを入れておられることもあるのでしょうか。とても熱々スープです。味わいは、いわゆる塩スープ。野菜のほんのり甘い旨みがにじみ出ていて、それがスープ表面に浮かぶ脂分に吸収され、あっさりしているのに、とても旨みあるコクを感じることが出来ます。

麺は、中細の縮れ麺を使用。この熱々スープの中でもコシを失わない、良い感じの麺でした。白菜などとの絡みもとても良かったと思います。

具の中で特に印象に残るのは、やはり大きい海老。プリッとした食感。食べ応え良し!それと貝柱は、噛むごとにじわぁ〜っと旨みが口の中に広がります。塩スープとの相性もいい感じです。そして鱧は、京都らしくて良かったですね。

食後は、上品なお店らしく杏仁豆腐がサービスとして出されました。熱々スープの後に、しっとりと落ち着く味わいでよかったと思います。

このお店、黒胡麻坦々麺も人気メニューのようです。また気が向いたときに、訪れて味わってみたいな、と思います。落ち着いた雰囲気ですので、ゆったりと昼食を食べたり、気がしれた仲間とお酒を交わしながら過ごすのにも向いているお店だと思います。

↓海鮮拉麺
110821-1.JPG

↓海鮮+中華彩菜
110821-2.JPG

↓麺とスープ
110821-3.JPG

↓杏仁豆腐
110821-4.JPG

↓お店の外観です。
110821-5.JPG
posted by たぬき at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン@京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック